« ボライソーごっこ(笑) | トップページ | 事故のまとめ。その他。 »

2008年3月30日 (日)

今週買った本(3/23~3/29)

  今週買った本
 
昭和史探索 4  半藤一利・編
昭和史探索 4―一九二六-四五 第三巻までしか買っていなかったんですけどね、読んでみると面白い。
 面倒くさいからと言って敬遠しないで、読んでみなくてはいけませんよね、こういう本は。
 つらい時代だけど、歴史の生々しさが伝わってきます。
 
8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記 大野芳
8月17日、ソ連軍上陸す これもまた、つらい時代の記録ですね。
 いろいろ悪口を言われる日本陸軍ですが、その終焉の時に国家の護民官として光った時があった時があったといわれます。
 この事件を60年たって描き直したのがこの本。構想から30年かかったという。
 どう描いているのか、ちょっと怖く、ちょっと楽しみ。
 
 
全集 日本の歴史 4 揺れ動く貴族社会  川尻 秋生
全集 日本の歴史 4 揺れ動く貴族社会 新しい日本の歴史、第4巻。平安時代ですね。
 災害に苦しめられた「平安」時代とはどうだったのか。
 新しい解釈を見てみたいですね。
 
HAMMERED―女戦士の帰還  エリザベス・ベア
HAMMERED―女戦士の帰還 (ハヤカワ文庫 SF ヘ 9-1 サイボーグ士官ジェニー・ケイシー 1) 余命あとわずか200年となった地球で、陰謀に巻き込まれた女戦士。
 全3巻の第1巻です。
 面白いといいなぁ。
 
司政官全短編  眉村 卓
司政官全短編 かつてSFマガジンを読んでいたころ、いろいろ違和感がありました。
 原因はおそらく、翻訳文学で本の世界に入ったぼくが、日本作家のお遊びに心を合わせることができなかったからなのでしょう。
 その中で、数少ない楽しめたSFがこれでした。
 読み返してみて、どれだけ共感できるかわかりません。とりあえず急がずゆっくりと時間をかけて読んでみたい。

|
|

« ボライソーごっこ(笑) | トップページ | 事故のまとめ。その他。 »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボライソーごっこ(笑) | トップページ | 事故のまとめ。その他。 »