« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の7件の記事

2008年7月27日 (日)

今週買った本(7/20~7/26)

  今週買った本
 
 
「昭和」を点検する 著者:半藤 一利,保阪 正康
「昭和」を点検する (講談社現代新書 1950)  半藤一利さんの昭和史のおまけ。
 昭和史とはどのように記憶すればいいのか、いまだに総括はすんでいません。
 この時代が現代史から近代史になるのはいつのことだろう。
 それまでに、感情的でない、偏らない評価が出来るのだろうか。

 イデオロギーが入らない史観などと高望みはしません。
 いつの時代にも「イズム」は存在し、歴史観はそれに左右されるもの。
 それでも、まとめは期待したいですよねぇ。
 
5分でたのしむ数学50話 著者:エアハルト・ベーレンツ
5分でたのしむ数学50話  某ネットで面白い方に出会いました。
 お茶農家の家で生まれた数学者だそうな。ハンドルネームもそれにちなんでいます。
 若いんですけど知識も豊富で面白い方です。

 いくつか数学の本を薦められたので、無謀にも読んでみようと思いました。
 
素数の音楽 著者:マーカス・デュ・ソートイ
素数の音楽 (新潮クレスト・ブックス)  これも薦められた本。
 面白そうなんだけど... 無謀だろうか?(笑)

 ああ、もう一冊薦められたのですが、残念ながら見つけられませんでした。

 「興奮する数学」と言う本で、薦めた方の後輩が編集に参加したのだとか。
 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

今週のプランター生育記

080719a  さっさとプランターネタを出せ、と某サイトにて激励いただきました。
 あんまりネタがないんだけど、ま、いいか。
 トマト君はジャングル状態で元気だけど、絵的には面白くないので、こっちにしよう。(笑)


 68円のタカノツメ君生育状態。
 これは、7/19の状態です。
 成長が早いなぁ。
080719b  タカノツメ、つまり唐辛子。
 こんな風に生えるものだとは知らなかった。
 何事もやってみるものですねぇ。
080726a  で、これが7/26の状態。
 ホント、植物って不思議。





 そういえば、HD-DVDビデオがおかしくなりました。
 最近、立て続けにあちこちがおかしくなるなぁ。何かの呪いだろうか?

 HDへの録画やチューナーにに問題はないのですが、ディスクのところがおかしいのです。
 ディスクを入れると、認識しないで「ディスクをチェックして下さい」というエラーメッセージが出る。
 ディスクへの録画も、再生も出来ません。
 なんだろうなぁ。

 修理に出せばしばらく録画が出来なくなるので、録画したい番組を取り終えてから出します。
 しばらくは、撮り溜めしたビデオを見るだけかぁ。
 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

今週買った本(7/13~7/19)

  今週買った本

 やっとPCがまともに動くようです。プランター関係は別にして、とりあえずこちら。
 
青いガーネットの秘密―“シャーロック・ホームズ”で語られなかった未知の宝石の正体 著者:奥山 康子
青いガーネットの秘密―“シャーロック・ホームズ”で語られなかった未知の宝石の正体  先週(正確には先々週)買ったのに載せ忘れました。(あらら)
 「青いガーネット」というシャーロック・ホームズの短編があります。
 ストーリーは別として、この言葉はおかしい。ガーネットとは赤い宝石です。
 もともとの宝石としての材質でいうと、鋼玉と呼ばれる種類です。赤ければガーネット、青ければサファイア。
 じゃあなぜ「青いガーネット」?

 これを、(ホームズものの出版代理人である)ドイルの筆の滑りと考えず、あり得べき理由を考えるのがシャーロッキアンをしてシャーロッキアンたらしめる要素。(笑)
 と言う訳で、このネタ一つで大真面目な本を書いちゃった人がいた訳。
 こういう本を読まずにシャーロッキアンを名乗るなかれ。(爆)
 
〈カラス同盟〉事件簿―シャーロック・ホームズ外伝 著者:アレックス・シモンズ,ビル・マッケイ
〈カラス同盟〉事件簿―シャーロック・ホームズ外伝  買ってから気がついたんですが、ジュヴィナイルなのですね。つまり、子供向け。
 先に気づけよな、と内心舌打ちしつつちょっと読んでみたら、けっこういけますね、これ。

 日本の作家のジュヴィナイル小説、評判取ったのを読んでみたことはあるのですが、どうも波長が合わず、ぼくが子供のころだったら読まなかったよなぁと思うものが結構あったりしたので。あ、評判が高い理由、読まれる理由はわかりますよ。しっかり書いてあるし真面目に考えてある。子供だからと行ってては抜いていない。でも、ぼくとは波長が違う。
 ま、いくら悪い記憶があっても、時には見直してみるもんだと思いました。
 偏見を持っちゃいけませんよ、やっぱり。
 
闇の守り人 著者:上橋 菜穂子
闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)  「精霊の守り人」がちょっと気になりましたので買ってみました。
 大好き、とか、気に入った、とも違う。どうも気になります。

 ほかを読んでみたくなった。なぜだろう?

 それを知るためには、読んでみるしかないなぁ。
 
夢の守り人 著者:上橋 菜穂子
夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)  同上!

 う~む、気になるなぁ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

今週買った本(7/6~7/12)

  今週買った本

我ながら、相変わらず分野が目茶苦茶です。何を考えているんだろう?(笑)
 
TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR 著者:押井 守
TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR  「機動警察パトレイバー」というものがあります。
 もの、とわざわざいうのは、アニメであり、コミックであり、小説であり、メディアであり、PCプログラムであり、いろいろな顔を持っているからです。
 見た目はロボットアニメの仲間みたいですけれど、違います。
 SFアニメの世界の中で、単純な勧善懲悪や萌えや根性論などに飽きた人たちが、もっと遙かに深い世界をさぐって作り上げた世界です。
 何となく気に入っています。

 これは、その中でも二番目に作られたアニメ映画「パトレイバー2」を元に、監督自身が書き上げた再ノヴェライズ小説です。
 一度書かれた本をまた書き直されたとか。なるほど?
 
〈メブレコ〉の叛乱 宇宙英雄ローダン・シリーズ 349) 著者:ウィリアム・フォルツ,H.G.フランシス
〈メブレコ〉の叛乱 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-349 宇宙英雄ローダン・シリーズ 349)  と言う訳で(何が?)ローダン最新作。
 350巻の前半で「公会議」サイクルが終わりです。
 すくなくともあと一巻買ってから読むとするか。
 
軍師・佐々淳行―反省しろよ慎太郎だけどやっぱり慎太郎 危機管理最前線2 著者:佐々 淳行
軍師・佐々淳行―反省しろよ慎太郎だけどやっぱり慎太郎 危機管理最前線2  同じ逆風に晒されて、石原慎太郎は乗り切った。安倍晋三はなぜ乗り切れなかったのか。
 この二人の違いとは何か。
 危機管理と同関係あるのか。

 佐々淳行氏が石原都知事の選挙参謀をしたとは知らなかったなぁ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

またまたプランター

080712a  今年のプランターがなんだかすごい。
 アンバランスですよねぇ。一体何でこんなに成長したの??
 これは大きい方です。小さい方も似たようなもの。
080712b  ナスくんが初めて実になりました。
 まだまだ大きくなると思うのですが、大丈夫かな?
080712c  68円のタカノツメ君育成状態。
 大きな鉢に入れ替えたんですけど、どうかなぁ。
 植え替えたときより元気がないような気がする。

 で、気がつくと花が咲いていましたよ。
080712d  初めて見ましたよ、タカノツメの花。
 こんな花だったんですねぇ。
 見たことがある人はいます?(笑)

 直径15ミリぐらいでしょうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

今週買った本(6/29~7/5)

  今週買った本
 
新訂 蹇蹇録―日清戦争外交秘録 陸奥 宗光 (著), 中塚 明
新訂 蹇蹇録―日清戦争外交秘録 (ワイド版岩波文庫) (単行本) 陸奥 宗光 (著), 中塚 明  「けんけんろく」と呼びます。本の題名ですよ。
 書いた人は陸奥宗光。
 若いころは海援隊に所属して坂本龍馬の薫陶を受け、年いっては日清戦争の時外務大臣として日本外交の責任者となった人。
 性格は、「狷介にして孤高」だとか。つきあいにくい人だったらしい。

 明治の日本の外交史を知りたければ、この人を学ばなくては。
 この犀利にして辛辣な筆は、明治外交の裏話をどう描いたのか。

 面倒な本だけど、読んでみようかな。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

晴れたのでプランターネタ

080705a  ナスの花。
 無事にまた咲きました。
 だいたい直径40ミリぐらいかな?
080705b  で、これはトマトの花。
 直径20ミリ弱、ってところ。
 花の咲き方によっては、トマトとナスって驚くほど似ています。

 これと上の写真は、夜にストロボをたいて取りました。あとでトリミングや加工をするとき、明るさのバランスや補正が難しい。
   (¬_¬メ)
080705b  さて、バジルですけど、トマトの下に植えたんですが、これも花が咲きました。
 ブッシュバジルだそうな。
 何となく育てたので、そもそもこれをどのように使ったらいいのかもわかりません。
 これから調べてみましょう。
  (なんていいかげん!)
080705e  そのまた足下に生えてきたのは、パセリ君ですね。
 まとまって生えてきたので、ちょっと間引きしました。
 一つのプランターにこれだけ詰め込むのは、ちょっと問題はあるよなぁ。
080705d  68円のタカノツメ君育成状態。
 またまた伸びてます。おもしれぇ。

 某ネットに写真を上げたら、こんなご指摘をいただきました。(笑)

 (1) こういう苗は、芽が出ていない状態で売るはずはないよ、安物だね?
 そうなのかぁ。ま、シロートの楽しみだし、68円だし。(,⌒-⌒)

 (2) 脇芽を早くつむことと、もっと浅くて広い鉢に変えなさい!
 ははっ、ご指摘多謝!

 今日、鉢を買ってこようかな。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »