« 今週買った本(10/5~10/11) | トップページ | 紅葉を見るはずが?(1) »

2008年10月16日 (木)

紅葉を見るはずが?(2)

 桧原湖を大きく回った先でこんなものを売っていました。
 キノコの季節なんですねぇ。いろいろありますよ。

 モノとしては、最上とは言えないようですが、新鮮ならばよし。

 これはヒラタケ。
 ナメタケとよく混同されるそうですが、この形なら間違いはないですよね。

 これはシイタケ。
 肉がうすいし傘がひらいていて、品質としてはちょっとなぁとのこと。
 なお、シイタケ道に詳しい人によると、品種としては劣るし保存方法がイマイチだとか。
 実は、山の奥の露店の方が、安いんですよ。ヤレヤレ。
こんな「道」もあるらしい。日本には暇人がいるもんだ。w
 
 

 こんなものもありました。
 カボチャの一種らしい。ググってみたら、この棍棒みたいな部分の太いところだけしか食べられないのだそうな。

 
 しばらく放置していても大丈夫ということなので、置物のつもりで買ってみました。
 買ったヤツは、長さは18cmぐらいで重さは700gです。まだ表面は少し湿っぽい感じですね。堅いんですが、撲殺に使えるほどではないな。(笑)
 
 
 おまけ。

 これは近所の大手本屋さんの前で土曜日に店を出す、会津の農家の方のシイタケ。
 肉が厚い。これは美味いですよ。

 これで200円ですから、シイタケだけならこっちの方がお買い得。
 乾せば長持ちするとのことなんですが、美味いので乾す暇もなく食べてしまいます。(笑)


 もうひとつおまけ。キノコの店の向かいの露店に立つおにーさん画像。
081020

| |

« 今週買った本(10/5~10/11) | トップページ | 紅葉を見るはずが?(1) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

 お菓子ネタ、続き。w

 「月采女」については調査中。(くすくす)
 「采女(うねめ)」っていうのは古代に地方から徴募された宮廷官女のことだそうですが、この町ではここから献上された采女の悲劇が、町の夏祭りのネタになっています。「采女」っていう姓の人もいたりする。

 三万石のままどおる... けっこう有名らしいですね。あちこちで評判を聞きます。地元としましては、見慣れているのであまり意識していないんですが。三万石は、エキソン・パイの方が好きだったけど、大人になるとちょっと甘すぎますねぇ。
 この店、むかしは「三万石不二屋」と言っていたのに、数十年前にいつの間にか「不二屋」が消えました。商標の問題かな? あの「不二屋」とは全く関係はないはずです。

 この町には、なぜか「三万石」以外に「柏屋」、「かんの屋」とけっこう大規模な和菓子屋があり、不思議なことにみな流行っています。
 甘い物が好きな町なのでしょうかねぇ? (^_-)

投稿: 鐵太郎@管理人 | 2008年10月21日 (火) 21時25分

>三万石
月采女、販売終了とは惜しいです~。私の友人も「また、食べたい」と言ってました。

惜しまれてたんですよ、本当に。

ところで、ここはかの有名な「ままどおる」の会社だったんですね!
ヒット商品を二つもかかえるとは、侮りがたし三万石。

投稿: にっけ | 2008年10月20日 (月) 22時29分

にっけ様、どうも。(,⌒-⌒) v

 「バターナッツ」なんて、初めて見ましたよ。
 いや、今まで視界に入っていたのかもしれませんが、全く記憶にありませんでした。
 手に取ってみると、カボチャと言われればカボチャです。見た目はちょっと違うけど。

 上のキノコは、最近あちこちにある「道の駅」ってところで見つけました。このひとつ上のスレの地図で言うと、「現在地」って所から右の二つ目のP&WCのところ。
 安い大根なども売っていましたが、観光地価格で売っていたりするので、ちょっと用心が必要でした。けっこういい男がいた野菜屋さんの画像も追加。(笑)

 「月采女」って最近見ないよな、と気づきましたので、販売していた「三万石」直営店に聞いてみたところ、
 「申し訳ありません。その商品は“惜しまれながら”数年前に販売終了となりました」
 だそうな。ほっほう。(こういう職業的嘘って、聞いていて楽しいと思いません?)

 三万石(→ttp://www.chuokai-fukushima.or.jp/ksk/mamador/)ってお店は、福島県の中央ちょっと右下にあった旧・三春藩が三万石だったところから付けた名前で、昔から人気があります。
 でも、「月采女」がなんで消えたのかはわかりませんでした。ちょっと気になる。w

投稿: 鐵太郎@管理人 | 2008年10月20日 (月) 18時42分

紅葉より キノコにつられた もう一名

バターナッツは落花生でもなく、ひょうたんのようなのにカボチャなんですね。瓜の仲間? もう何が何だか!

一枚目の写真にくらっときました。
以前、福島駅の近くで、おばーちゃんたちが露天を出してキノコを売っていたことを思い出しました。
旅行途中でしたが、つい買ってしまった。

福島は、おいしい思い出がいっぱいです。軍鶏とかラーメンとか。
月采女という羊羹のようなお菓子はご存知でしょうか。

投稿: にっけ | 2008年10月19日 (日) 13時33分

倉野様 どうも。(,⌒-⌒) v

 「シイタケ道」
 なにやら、道を究めると言うよりは悪の秘密結社みたいな雰囲気が漂いますが、まさにその通り。
 存在目的は、ただひたすらに
  ・一日一回シイタケを食べる
  ・美味いシイタケを探求する
  ・強気を助け弱気を苛める
  ・勝つ方に付く
 をモットーに精進すること、だそうな。Σ(`0´*)
 このモットー、もっとたくさんあったけど忘れました。
 世話人は宮崎のおっちゃんです。宮崎産シイタケが世界一、というモットーは満場一致で削除されました。(くすくす)

 そうそう、紅葉って、タイミングが難しいですねぇ。

投稿: 鐵太郎@管理人 | 2008年10月17日 (金) 12時49分

おいしそうなキノコにつられて出てきました。
バターナッツは名前からは香ばしそうな気がしますが、カボチャの一種なのですね。味が気になります。
秋はキノコ、かぼちゃ、果物類と誘惑が多すぎて困ります。

しいたけ道という言葉を聞いて館山の地下壕できのこを栽培していたという話を思い出しました。なぜか地下道でしいたけを栽培しているイメージが。(そっちの道じゃ無いのは分かっていますが)

投稿: 倉野 | 2008年10月17日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を見るはずが?(2):

« 今週買った本(10/5~10/11) | トップページ | 紅葉を見るはずが?(1) »