« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の10件の記事

2008年11月30日 (日)

今週買った本(11/23~11/29)

 やっとベランダのミニトマト、お役ご免としました。
 花は咲いて実がなるのですが、色づかないのです。緑のまま。
 なんだか可哀想になってきましたので、今年はおしまい。ごくろうさま。
 タカノツメ君は、葉がしおれていますが、いまだに実をつけます。けなげだね。
 さて、今週買った本。

翔竜雷撃隊―覇者の戦塵1944 (C・NOVELS) 著者:谷 甲州
翔竜雷撃隊―覇者の戦塵1944 (C・NOVELS) 遅筆でも、書かぬよりまし、か。
 谷甲州さんの仮想戦記、新しいのが出ていたんですね。
 この人の描き方、理屈っぽいよなぁ、相変わらず。

 ま、なんでもかんでも、書いてくれるだけありがたい。
 
壬申の乱―天皇誕生の神話と史実 (中公新書) 著者:遠山 美都男
壬申の乱―天皇誕生の神話と史実 (中公新書) 古本屋で何となく手に取ったら、面白かったので。
 関祐二さんの本ってのは、ちょっとトンデモが入っていますので、まともに説を唱えたものが見たくなっていました。
 
全集 日本の歴史 12 開国への道 著者:平川 新
全集 日本の歴史 12 開国への道 鎖国があるから開国がある。
 江戸時代の外交姿勢が鎖国でないのなら、開国とはなんだ。
 訳がわからなくなりつつ、新しい歴史解釈の面白さをもっと楽しみたくなりましたね

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

今週買った本(11/16~11/22)

 今週も買わなかったよ~。 \(^O^)/

 ネタとしては寂しいので、出入りしている某サイトのこと。
 こんなネタは見たくない人は、ここでやめましょう。w

 Naverと呼んでいる、「日韓翻訳掲示板」のこと。Naver(ネイヴァー)ってのは旧名で、Enjoy Korea、通称「エンコリ」がいまの名前です。
 

続きを読む "今週買った本(11/16~11/22)"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

そうか、「街」だった。

081122a
 一昨日の記事で、「低い山々」と書いた訳。昔々のフォークソングが頭にあったから。なんだったかなぁと考えました。ネットで探せば簡単ですけど、自分で思い出せそうだったので放置してました。
 ふと、夜明けの海が見たくなったのが昨日の夜。
 日の出の時間を確認して、朝の3時半に目覚ましをセット。
 今回はよい写真が撮れました。
 その帰り道、カーステレオ(言葉が古い?w)の中に入っている歌をランダムに再生していましたら、なつかしい歌が。
  ♪陽気に行こう どんなときでも 陽気に行こう
     苦しいことは わかってるのさ さあ、陽気に行こう

 ああ、このグループの歌だったんだよね。
 「ザ・ナターシャ・セブン」。この人たちの歌とか、生き方とか、考え方は同調できないところもありました。でも、いくつかの歌は好きですよ。
 この歌は、京都の街を歌ったものだそうな。
 最初に何も知らずに聞いたとき、仙台の街のことかと思いましたっけ。

  「街」

下駄の音 路地裏通り 雨上がりの屋根 窓ごしの手まり唄 おさげ髪の思い出
この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑あるから

街の角 喫茶店 古い美術館 山かげの細い道 初恋の涙
この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑あるから

夕焼け雲 五重の塔 石畳の鳩 プラタナスの道で 君を待ちながら
この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑あるから

大学通り 流れる川 走る路面電車 背の低い山を見て 君と僕の明日
この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑あるから
この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑あるから


 帰ってから部屋を見上げてみたら、ミニトマトがまだまだ元気です。
 霜が落ちたはずなんですが、タフですなぁ。
 来年は、もっと早く植えよう。来年があればね。w081122b

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

雪が降ったよ!

雪が降ったね! 夜中、肌寒かったんですよね。
 朝見たら、向かいの家の屋根にうっすらと雪です。
 冬が近づいていますね。あ~あ。


 すいません、hush様!
 下に書き込みされていたんですね。
 どうも頭がグタグタになっていて、自分のブログも真面目にチェックしていませんでした。なさけなや。
 トップページ拝見しましたよ。
 奈良・京都の低い山々、大昔の修学旅行の記憶しかないのですが、神々しさを感じましたね。それいらい、通り過ぎたことはあっても、じっくり見たことがないのです。もう一度時間を取ってのんびり見てみたい。
 風邪は、(やっぱり「馬鹿」のケがありますから(笑)、)すぐ直りました。久しぶりに病院に行きましたよ。軟弱者。w


 パッペンハイムに関して、抜き書き。
 「ローダン30 アトランティス要塞」159ページ。話し始めたのはローダン。
 徐々に心を開いたアトランが、ローダンの部下をちょっと褒めたのを受けて。

 「アトラン、あなたは高齢だ。ヴァレンシュタインをご存じだったか?」
 わたしははっとした。思い出が大波のようにおしよせてきた。
 「ご存じなのだな。けっこう、アルコン人 ─ わたしも自分のパッペンハイム軍団を知っている!」
 太陽系を準光速でつっぱしる最新式の大宇宙船の中で、わたしは一将軍のことを考えていた。ゴトフリート・ハインリヒ・グラーフ・ツー・パッペンハイムという長い名の将軍のことを。
 三十年戦争の渦中、1631年、皇帝軍司令官ティリーの下で彼がマクデブルク市を占領したとき、私はその現場にいたのである!
 わたしはパッペンハイム軍団というものを知っている。だが、ローダンもその名の意味するところを知っているようなのだ。この騎兵将軍の部下たちは全面的に信頼できた。どんな難事に直面しても、たじろがなかったかれらであった。

 歴史の中に、過去の人々の記憶が生きている文化って、素敵です。
 それが多少誇張されていたとしてもね。
 さしずめ日本なら、
 「わたしにも、自分の本多平八たちがいるのだ、アトラン」
 とでも言うのでしょうか。
 伝説化した人々でいいのなら、弁慶でも、猿飛佐助と言ってもいいかも。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

11月17日に死んだ人【歴史ネタ】

 ゴトフリート・ハインリヒ・グラーフ・ツー・パッペンハイム(Gottfried Heinrich Graf zu Pappenheim 1594/5/29-1632/11/17 右画像)Pappenheim

 中世史と軍事史に詳しくて、しかもよほどマニアックな人でないと、知らないでしょうね。

 「ローダン30巻 アトランティス要塞」 (クルト・マール&カール・H・シェール)の中に、面白い歴史ネタが載っていたんですよ。
 1万人に渡って地球を放浪していたアトランは、こんな事を言っています。

 1631年に共に戦った、軍団長ゴトフリート・ハインリヒ・グラーフ・ツー・パッペンハイム将軍の率いる騎兵たちなら、常に全幅の信頼を置けた!

 このパッペンハイムという人は初耳だったので調べてみたけれど、手元の資料(or史料)でもよくわからない。

 パッペンハイムはリュッツェンの戦い(1632/11/16)において、傭兵隊長として名高いヴァレンシュタインの指揮下で神聖ローマ帝国軍として戦い、ヴァレンシュタインに、
 「あれぞ我らがパッペンハイム! "I know my fellow Pappenheims" ("ich kenne meine Pappenheimer")」
 と言わしめた猛攻により皇帝軍の危機を救い、この戦いの銃創により翌日死亡したそうです。

 このパッペンハイムの言葉は、詩人シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller 1759 - 1805)によって書かれた戯曲『ヴァレンシュタイン三部作"Wallenstein"(1799)』の中で "Daran erkenn' ich meine Pappenheimer" という言葉に変えられて、のちに人口に膾炙したそうな。

 このリュッツェンの戦いは、三十年戦争(神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた中部ヨーロッパの国際戦争)のなかで、分岐点となった重要な戦闘なのですが、それはまた別なお話。

 1631年となると、有名なのは「マクデブルクの戦い」なのですが、英語名「Sack of Magdeburg」でもわかるように、この戦いは籠城戦のあとの兵士による略奪と虐殺で有名です。騎兵部隊の信頼という意味で評価できることとは思えません。
 ヴァレンシュタインの麾下にあったパッペンハイムは、戦士としてアトランもしくはシェールを感嘆させる人物であったらしいが、そのとき何をしていたんでしょうかねぇ。
 なんだか気になるなぁ。

 現在、この人のことをちょっと調査中です。

おまけ。 
リュッツェンの戦いの戦いの前に、ヴァレンシュタインがパッペンハイムに送った手紙。
要旨: 「さっさと兵隊を連れて俺の所に来い!」
Pappenheim

なんか、いいなぁ。こういう歴史ネタ。

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

今週買った本(11/9~11/15)

 のんびり生きています。のんびりしすぎかなぁ。
 
待ちに待った個展の夜に 著者:ジェイニー・ボライソー
待ちに待った個展の夜に (創元推理文庫 M ホ 7-4) コーンウォール・ミステリ第4巻。個展を開くこととなった夜に死体が一つ。
 巻き込まれ型ミステリですね。相変わらず。
 このシリーズでは、ストーリーやこの年増のおねーさん(失礼)の恋愛話には、あまり興味はないのです。コーンウォールという土地の香りがかぎたいだけ、かな。
 ま、そんな読者がいたっていいじゃないか。w
 
アリーナの戦士 (宇宙英雄ローダン・シリーズ 354) 著者:H・G・エーヴェルス,クラーク・ダールトン
アリーナの戦士 (宇宙英雄ローダン・シリーズ 354) アフィリー・サイクル、どの程度まで進んだかな。
 今月は、翻訳が青山茜さん、増田久美子さんのふたりがかりです。あとがきも極端に少ない。
 挿絵の依光隆さんは、表紙絵だけ。
 なんだか、嫌な予感がしますねぇ。
 
タイタニア〈2〉暴風篇 著者:田中 芳樹
タイタニア〈2〉暴風篇 (講談社文庫) アニメのタイタニア、動きがまだるっこしい。
 ああ、ストーリー展開がね。アニメとしての絵や動きは、きびきびと最近のアニメらしく見事ですけどね。20年、30年昔の目で見たら信じられないほど、きれいでなめらかに動きます。CG的な動き方も、またよし。
 でも、全26回のアニメでどれだけストーリーが進のかなぁ。宙ぶらりんで中断した本編までなぞるのかなぁ。ちょっと心配。

 この本ですが、第二巻目、お話の展開はわかっているんだけど、昔と今で読み比べて印象がどう変わるかな。
 ちょっと楽しみ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

今週買った本(11/2~11/8)

を上げるのを忘れた。www

今週は買っていません。幸せなことに。(あっはっは)

風邪引いちゃいました。馬鹿でない証拠だな、ウン。(; ´Д`)
熱が出るのはともかく、のどが痛くて眠れなくなったので、しかたない、病院に行きました。
風邪薬を5日分もらったんですが、ついでに偏頭痛の薬ももらったら、会計が全部で5000円オーバー。ひえー。
保険使ってこれなんだから、保険に入っていないとすごいんだろうな。

今日のネタはそれだけ。(あは)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

映画のネタ:レッドクリフ

Redcliff 長年の悪友から久しぶりに連絡があり、これまた久しぶりに駅前まで行って飲んできました。
 長年の友人なんだけど、めったに会わないんですけどね。年に一回か二回。
 でも、会えば同じコースで町を回る。
 そのコースで、早めに飲んで腹ごしらえしたあとで、映画のレイトショーに行くんですよ。19時以後は割引料金だから。

 今日はかの有名な「レッドクリフ」を見てきました。
 雑誌やネットでは賛否両論ですね。面白いけど史実と違うじゃないか、って。

 さて、見てきた感想。
 リアリズムとしては「いまさん」ぐらいですね。ストーリーは三国志演義というか吉川三国志というか、フィクションの世界に拠っています。正史をある程度見てきた歴史マニアにはちと痛い。
 戦闘シーンがやたら長い。戦術がちょっと無茶。

 さて、マイナス点をこれだけ積み重ねたんですが、それでもなお、面白い。
 史実の世界を反映したエピソード、孔融がうるさいことを言って曹操に処刑されるところ、張飛が曹操の大軍の前に仁王立ちになるところ(残念ながら長坂橋ではなかった)、劉備が将兵のために草鞋をあんでみせたところ。その他いろいろあります。酔っぱらいが一回見ただけなので、ほとんど覚えていなかったのが残念。 (=´Д`=)ゞ

 お話の主軸は、蜀の諸葛亮(孔明)が呉の周瑜を訪ねて魏に対抗する同盟を結ぶ、と言う点ですね。史実とはだいぶ違うけど、ま、こんな描き方もありか。

 いろいろ書きたいころはあるんだけど、配役を見ていて気に入ったところが一つ。
 おや趙雲を演じた人に、見覚えが。
 ああ、「大漢風」で項羽を演じた胡軍(フー・ジュン) じゃありませんか。
 下写真の左側の人です。
 この人、いろいろあちこちに出ている役者らしいけど、よくわかりません。妙に印象に残る役者でした。Hujun
 その他、役者では中村獅童が甘興(かんこう)という武将を演じています。甘寧(かんねい)をモデルにした架空の武将だそうですが、フィクションの要素が強すぎて印象が薄い。一応中国語をしゃべってはいましたけど、発音の良否はわかりませんね。

 ま、一回見ただけではこの程度の感想しか書けませんでした。ヤレヤレ。

 あ、これはPart.1だそうです。お話はレッドクリフ、「赤壁」なんですが、赤壁の決戦の前夜で終わります。来年の春に後編のPart.2が出る予定だそうです。
 見る価値がありそうだ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

長いよ...

 最近の自分のアップ記事を見て思った。
 長すぎる。
 これじゃあ、自分が読むのすら面倒。
 ってぇ事は、人が読むのも苦痛でしょうなぁ。
 いかんいかん、これじゃ。ε-( ̄ヘ ̄)┌

 ところで、先日ボツにしたネタは、わりと有名な反戦映画への感想です。
 「THE WINDS OF GOD」ってヤツ。WOWOWでやってました。
 神風特攻への批判・反戦映画。
 あちこちで絶賛されているんですよ、これ。
 もともとは演劇だったらしい。その映画化作品。
 日本の演劇をアメリカで作ったもので、全編英語で語られます。出だしのプロローグ部分を除くとほぼすべてが日本人なのですが、最後のわずかな言葉を除き、すべて英語。
 なんと、軍隊の演技指導は筋金入り。軍人としての挙動や、上官への挨拶など、設定は見事です。不満はありません。室内での敬礼の角度など、文句の言いようがない。
 あ、敬礼とは、例の片手を肩の所にあげてやるヤツだけの事だけじゃありませんよ。敬意を表して頭を下げる挨拶も敬礼です。たとえば軍人の最敬礼とは、背筋を伸ばして45度の角度に上体を傾けること。ドイツ人の表現などでよく出てくる、踵をかちっと合わせて直立不動になるのも敬礼の一種です。

 ま、それはそれとして。

 そういう「リアルさ」を追求した上で、しかもしっかりと戦争の不条理性、戦争の醜さを描き、反戦映画としては素晴らしい完成度 なのだそうな。

 という状況、評判を踏まえた上で、鐵太郎としての評価はどうかというとね、

 だめだ、こりゃ。見るに堪えない。  なのでした。
 展開が無茶苦茶。

 アマノジャクといわば言え。現代人の感覚で過去を批判しても、それで反戦とは思えないというのが、オイラの自論。メリケン野郎が昭和前半の日本に来てメリケン式の恋愛シーンを説いて、これが人の自然な姿と言ったって、だれも同意しないでしょ?
 現代人の「自由」なるものを、しかもその理想化されたエッセンスを持ってきて、過去を裁いてもなんの前進にもならないよ、と。

 鐵太郎は戦争反対ですよ。なぜなら、人間社会として無駄なものだから。
 でも、否定してそれですむものではないはず。無視してそれですむものじゃないはず。

 もっと激烈な文を書いてみたけど、アホらしくなってやめました。
 こういう反戦映画がアホらしいんじゃない。批判することがアホらしいんじゃない。
 何を語っても、こういう形での思想表現をする人はこれからもいるし、それを否定は出来ないし、反論にはならないよな。
 じゃ、無駄じゃないか。

 で、ボツにしました。でももやもやしていたので、また書いてしまった。(*≧m≦*)

 あ、この記事もやたら長い。  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

今週買った本(10/26~11/1)

 あ~、マジに読む本減らそう。(何十度めかのささやかな誓いw)
 
全集 日本の歴史 11 徳川社会のゆらぎ 著者:倉地 克直
全集 日本の歴史 11 徳川社会のゆらぎ 徳川中期の時代。犬公方、忠臣蔵、米将軍、浮世絵、元禄時代。
 この時代、ある意味で江戸時代の象徴的なものがたくさんあります。
 真面目に描いたら、どういう文章で伝えてくれるんだろう。
 
彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス  著者:ジャック・キャンベル
彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス (ハヤカワ文庫 SF キ 6-1) 「ドーントレス(不曉不屈)」という名前で連想するのは、アメリカの艦上爆撃機でも英国海軍某提督のあだ名でもなく、キムボール・キニスンの愛用した超弩級宇宙戦艦ですね、やっぱり。
 この宇宙活劇に出てくる宇宙戦闘艦は、その最後の意味ではないか、とあとがきにありました。
 面白いといいな。最近、よい冒険活劇SFに巡り会えないから。

 もう一つ気に入った理由は、この本のほどよい厚さです。(笑)
 厚けりゃいいってもんじゃないよ、ねぇ。
 
空母瑞鶴―日米機動部隊最後の戦い 著者:神野 正美
空母瑞鶴―日米機動部隊最後の戦い (光人社ノンフィクション文庫 588) 興味本位、メカフェチでミリタリーマニアをしたときから卒業してもう何年か。
 こういう本は、「飛鷹」を買ったときも思ったけど、もう終わりかなと思ったんですよね。
 でも、あとがきの言葉を読んで、やはり読んでも良いかなと思いました。いや、興味が続くのなら、読むべきだと。
 「戦史は、特に敗れたときの記録を大切にして、未来への反省材料として用いるのです。だからこそ、我々は史実を学ばなければならないのです」(リッチモンド大学史学部教授 D・C・エヴァンズ)

 本によりますけどね。w
 
荒野のホームズ 著者:スティーヴ・ホッケンスミス
荒野のホームズ〔ハヤカワ・ミステリ1814〕 19世紀末のアメリカ西部を舞台にしたウェスタンのホームズ・パスティーシュだそうな。
 最初は敬遠していたんですけどね、手に取ったらけっこういけるじゃないか。
 面白そうなので買いました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »