« 長いよ... | トップページ | 今週買った本(11/2~11/8) »

2008年11月 3日 (月)

映画のネタ:レッドクリフ

Redcliff 長年の悪友から久しぶりに連絡があり、これまた久しぶりに駅前まで行って飲んできました。
 長年の友人なんだけど、めったに会わないんですけどね。年に一回か二回。
 でも、会えば同じコースで町を回る。
 そのコースで、早めに飲んで腹ごしらえしたあとで、映画のレイトショーに行くんですよ。19時以後は割引料金だから。

 今日はかの有名な「レッドクリフ」を見てきました。
 雑誌やネットでは賛否両論ですね。面白いけど史実と違うじゃないか、って。

 さて、見てきた感想。
 リアリズムとしては「いまさん」ぐらいですね。ストーリーは三国志演義というか吉川三国志というか、フィクションの世界に拠っています。正史をある程度見てきた歴史マニアにはちと痛い。
 戦闘シーンがやたら長い。戦術がちょっと無茶。

 さて、マイナス点をこれだけ積み重ねたんですが、それでもなお、面白い。
 史実の世界を反映したエピソード、孔融がうるさいことを言って曹操に処刑されるところ、張飛が曹操の大軍の前に仁王立ちになるところ(残念ながら長坂橋ではなかった)、劉備が将兵のために草鞋をあんでみせたところ。その他いろいろあります。酔っぱらいが一回見ただけなので、ほとんど覚えていなかったのが残念。 (=´Д`=)ゞ

 お話の主軸は、蜀の諸葛亮(孔明)が呉の周瑜を訪ねて魏に対抗する同盟を結ぶ、と言う点ですね。史実とはだいぶ違うけど、ま、こんな描き方もありか。

 いろいろ書きたいころはあるんだけど、配役を見ていて気に入ったところが一つ。
 おや趙雲を演じた人に、見覚えが。
 ああ、「大漢風」で項羽を演じた胡軍(フー・ジュン) じゃありませんか。
 下写真の左側の人です。
 この人、いろいろあちこちに出ている役者らしいけど、よくわかりません。妙に印象に残る役者でした。Hujun
 その他、役者では中村獅童が甘興(かんこう)という武将を演じています。甘寧(かんねい)をモデルにした架空の武将だそうですが、フィクションの要素が強すぎて印象が薄い。一応中国語をしゃべってはいましたけど、発音の良否はわかりませんね。

 ま、一回見ただけではこの程度の感想しか書けませんでした。ヤレヤレ。

 あ、これはPart.1だそうです。お話はレッドクリフ、「赤壁」なんですが、赤壁の決戦の前夜で終わります。来年の春に後編のPart.2が出る予定だそうです。
 見る価値がありそうだ。

| |

« 長いよ... | トップページ | 今週買った本(11/2~11/8) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画のネタ:レッドクリフ:

« 長いよ... | トップページ | 今週買った本(11/2~11/8) »