« タイタニア〈3〉旋風篇 | トップページ | 万歳、はやぶさ君! »

2009年2月 1日 (日)

今週買った本(1/25~1/31)

 いつの間にか、今週は6冊買ってしまった... しくしく
 
 
タイタニア〈3〉旋風篇 (講談社文庫) 著者:田中 芳樹
タイタニア〈3〉旋風篇 (講談社文庫) タイタニア 第三巻。最終巻です。
 アニメで盛り上げたのに、田中さんはやはり中断のまま?
 多少書き直したのかな?
 ま、読んでみるかぁ。

 と言いながら、もうサイトにネタは上げちゃったけどね。(笑)
 
新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫) 著者:ウィリアム シェイクスピア
新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫) 単品の「ウェニスの商人」としては今日本で二番目に新しい本です。
 むかし読んだときから、いろいろと見る目が変わっています。
 むこうは変わらないのに、こちらは変わる。
 不思議なものです、名作とは。
 
新訳リチャード三世 (角川文庫) 著者:ウィリアム シェイクスピア
新訳リチャード三世 (角川文庫) シェイクスピアの「リチャード三世」。
 これも読んだことはあるのですが、新しい翻訳を読み直してみることにしました。
 
ゼムクリップから技術の世界が見える-アイデアが形になるまで 著者:ヘンリー・ペトロスキー
ゼムクリップから技術の世界が見える-アイデアが形になるまで 頭を整理するため、というか現実的にするために読んでみました。
 単にそれだけと思ったのに、面白い本だな、これ。
 
ローマ亡き後の地中海世界 下 著者:塩野 七生
ローマ亡き後の地中海世界 下 出ましたねぇ。
 お金ないのに。 しくしく
 なじみの本屋さんからのメール、
  「入荷したのでいつでもどうぞ~」
 行くしかないぢゃないか...

 さて、時代は中世ですね。どんな地中海世界なんでしょうか。
 
全集 日本の歴史 14 「いのち」と帝国日本 著者:小松 裕
全集 日本の歴史 14 「いのち」と帝国日本 出ましたねぇ。
 お金ないのに。 しく(ry

 日清日露から大正までの時代。日本が精一杯背伸びをした時代ですね。
 でもこの著者については、朝鮮がらみでどうも奥歯に物が挟まった評価をする人がいますねぇ。どうなんだろう?

|
|

« タイタニア〈3〉旋風篇 | トップページ | 万歳、はやぶさ君! »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/27646127

この記事へのトラックバック一覧です: 今週買った本(1/25~1/31):

« タイタニア〈3〉旋風篇 | トップページ | 万歳、はやぶさ君! »