« 今週買った本(3/29~4/4) | トップページ | まだ咲かないなぁ... »

2009年4月 8日 (水)

偉大なるミステリー作家たち

 4月から始まったNHK BS-hiの新コーナーで、「プレミアム8」というのがあります。
 その中で火曜日が、「偉大なるミステリー作家」と題して、過去のミステリ作家を取り上げています。第一回は、エドガー・アラン・ポー。3/31放送。再放送あり。
 第二回は、エラリー・クイーン。4/7放送。

 ポーは、1809年生まれ、1849年死亡ですから、生誕200年、死んでから160年になるのですねぇ。今さらながら、ずいぶん前の時代の人だったんだなと思いますよ。
 ポーのミステリは、どうも主人公の性格が気に入らないうえに独善的な感じでいまいち好きになれません。「マリー・ロジェの謎」などは、読みにくい翻訳で読んだせいで、再読する気にもなりませんでしたっけ。
 それはともかく、この人の毀誉褒貶の多い人となりを、「江戸川乱歩」(石橋蓮司 声だけ)の依頼によって「明智小五郎」(藤原竜也)が、現代のアメリカで過去の人たちを呼び出してインタビューする、という形式で掘り起こすという、番組の組み立てが気に入りました。現代の研究家も交えていますが、なかなか面白い。
 ポーへの興味が、ちょっとかき立てられました。
 ホームズへの解釈がいまいちなのは、まぁ許す。(笑)

 第二回はエラリー・クイーン。再放送は 4月14日(火)午後2:00~3:30 とのこと。
 この作家、買った冊数は少ないのですが、けっこう好きです。バーナビー・ロス名義のドルリー・レーンのシリーズも良かった。
 しかしまぁ、案内役として石坂浩二さんとアシスタントによる進め方はまあまあとしても、クイズ形式で謎を解くというコーナーで、あの学生回答者はなんなの。打合せが悪いのか本当に知らないのか、ひどい答だね。
 しかも、「ドルリー・レーン最後の事件」の謎解きで、お話の根幹に関わるネタバレをテレビでやるとはなんたることか。
 「3HSWM」という不思議な文字のこと、むろん。
 いやしくもあの本を読んだ読者なら、全員が正解を出すのは当然としても、あれを言っては本を読む興味が少なくとも3割減(当社比)でしょ? なにを考えているのさ、NHK。(怒!
 たとえは古いけどさ、「ファウンデーション・シリーズ」の第三巻の6割ぐらいまで読んだところで、トランターの場所を教えられたらさ、教えたヤツを殺したくなるでしょ?

 最後でちょっと怒りました。

 この調子でもしもホームズをやるんなら、視聴料踏み倒すぞ、オイ!\(*`∧´)/

| |

« 今週買った本(3/29~4/4) | トップページ | まだ咲かないなぁ... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なるミステリー作家たち:

« 今週買った本(3/29~4/4) | トップページ | まだ咲かないなぁ... »