« 訃報:栗本薫氏 | トップページ | 嫌本! »

2009年5月28日 (木)

今週のはやぶさ君(09/5/28)

 今週は素っ気ないなぁ。
    ↓

http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/hayabusa/weekly.shtml
 ま、毎回大ニュースばかりでは困りますけどね。
 今回は、前回と計算方法を変えたのでそこの説明をして見ます

 いま、この位置にいます。太陽系を、地球の北極方向から見下ろした状態です。
 単位は天文単位(149,597,870km)、つまり、地球の平均軌道半径が1になります。
  くどい? (*^-^)
Hayabusa090528
 JAXAのデータによると、

2009年5月31日19時04分(日本時間では、6月1日の4時04分)現在のはやぶさ君は、地球からの距離348,471,950km、赤経2h28m55s、赤緯13.72度にいます。
 このデータより、まずグリニッジ時間

  2009/5/31 19:04 
 を計算します。ここから春分点
  2009/4/1 00:00:00
 を引きますと、春分点から 
60.7944日目 であることがわかります。春分点より前ならばマイナスになります。
 これを365.25(≒一年間の日数)で割りますと、 
0.1664
 この数字は、円周を1としたときの太陽から見た地球の角度です。春分点は作図上円周の右端ではなく左端なのでこれに0.5を足します。
 エクセルの計算上、円周は360度ではなくて2πラジアンなので、これに2×π(≒3.1416)を掛けますと、出てきた値は、

  (0.1664+0.5)×2×3.1416=4.1874
 これをコサイン処理したものが 地球のX座標=-0.5012
 サイン処理したものが 
地球のY座標=-0.8653

 さて、この日のはやぶさまでの距離を天文単位で現すと、

  348471950÷149597870=2.3294
 地球から見た角度は赤経2h28m55として出ていますので、これをラジアンに変換すると、まず24時間の中で2時28分55秒はどのくらいになるか計算する必要がありますが、エクセルなら自動で計算してくれて 0.10034 と出てきます。
 これに2πを掛けると 
0.650 と出ます。
 コサイン0.650に地球-はやぶさの距離を掛け、さらに地球X座標を足すと 
1.3535
 サイン0.650に地球-はやぶさの距離を掛け、さらに地球Y座標を足すと 
0.5440
 これがはやぶさの座標になります。
 これをそれぞれX-Y分布のグラフに入れてちょっと体裁を整えればできあがり。
 手間はかかるけど、原理は簡単ですよね。
 こんなものに一時間以上かかった自分が情けない...ε-( ̄ヘ ̄)┌

| |

« 訃報:栗本薫氏 | トップページ | 嫌本! »

☆JAXA・宇宙関係」カテゴリの記事

コメント

いま世界最先端の計算尺で...( ̄▽ ̄)

投稿: 鐵太郎 | 2009年5月29日 (金) 18時31分

算木で計算したんですね。わかります。

投稿: E(ε;・茶・) | 2009年5月29日 (金) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のはやぶさ君(09/5/28):

« 訃報:栗本薫氏 | トップページ | 嫌本! »