« インフルエンザ...? | トップページ | がんばれ、はやぶさ君!090912 »

2009年9月 6日 (日)

先週買った本(09/8/30~9/5)

 先週はけっこうきつかったけど、考えてみたら、昔はもっとハードな仕事もしていたよな。知らず知らずのうちに、人は退化していくらしい。悲しいねぇ。
 
 さて、先週買った本は4冊です。

 
 ところで、気づかないうちに某掲示板で、「イベリコ騒動」なる事件が発生したようです。
 いつもは張り付いていたから、あそこで起きたことはなんでもわかっていたけど、最近はトレンドに遅れ気味。ありゃあいったいなんだろう?
 どうも某IDが暴れて、みんなに叩かれているらしい。参加できないのが悔しいなぁ。( ̄ー+ ̄)

プリンキピアを読む 著者:和田 純夫
プリンキピアを読む―ニュートンはいかにして「万有引力」を証明したのか? (ブルーバックス) 数学の本と言うより、数学史の本だと思ったんですよ。だったら面白いかな、と。
 ところがよく読んだら、かなり数学の本なのよね。
 読む前に知恵熱が出てきそうです。しくしく...
 
ホモ・フロレシエンシス〈上〉
ホモ・フロレシエンシス〈下〉 著者:マイク モーウッド,ペニー・ヴァン オオステルチィ
ホモ・フロレシエンシス〈上〉―1万2000年前に消えた人類 (NHKブックス)ホモ・フロレシエンシス〈下〉―1万2000年前に消えた人類 (NHKブックス) で、これが先々週買うつもりだった本。
 現人類の前に存在したさまざまな人類があります。すべて絶滅したもので、ネアンデルタール人がその典型かな。
 従来発見されていなかった人類がいたとしたら。
 現代の人類よりずっと小さく、しかし知性が驚くほど高い人類がいたら。
 そんな発見記です、これ。面白いといいな。
 
歴史は「べき乗則」で動く 著者:マーク・ブキャナン
歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ) 地震には前兆も周期もない、という。未来の予測とは、従来考えられていたものとは全然違うのだそうな。
 べき乗則を使えば、未来が予測されるのだろうか。

 面白そうだけれど、知恵熱が出ないと良いなぁ。

|
|

« インフルエンザ...? | トップページ | がんばれ、はやぶさ君!090912 »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

★茶坊主センセ
 だってだって、奥さん聞いて!
 左綴じの本なんて、まず風呂に入りながら読みにくいぢゃない!
 楕円の定義なんて、図が付いて数式が入った本って、非道いと思わない?
 えーん。 o(;△;)o

 ちなみに高い本じゃないし、初等教育のガイドに、センセのところで使えるんじゃないのかな? (,⌒-⌒) v

投稿: 鐵太郎 | 2009年9月 8日 (火) 20:14

数学・・・?

どういう内容なんだろ。図書館に入ることを祈ろう。

投稿: E(ε;・茶・) | 2009年9月 8日 (火) 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/31246568

この記事へのトラックバック一覧です: 先週買った本(09/8/30~9/5):

« インフルエンザ...? | トップページ | がんばれ、はやぶさ君!090912 »