« 素敵なドキュメンタリー映像 | トップページ | ジェネレーション・キル ちょっとひと言 »

2010年5月 9日 (日)

先週買った本(10/5/2~5/8)

先週は5冊! ( ̄◆ ̄;)

 
宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
宇宙創成〈下〉 (新潮文庫) 著者:サイモン・シン
宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)宇宙創成〈上〉 (新潮文庫) サイモン・シンの著作としては、「フェルマーの最終定理」の次には「暗号解読」が来るのですが、そちらは飛ばしてこっちを買いました。興味の度合いからすると宇宙の研究の方が好みかな。
 これは、科学者たちの奮闘記ですね。楽しめるといいな。
 
フランス反骨変人列伝 (集英社新書) 著者:安達正勝
フランス反骨変人列伝 (集英社新書) フランスの歴史の中にいた魅力的な奇人変人を、安達さんの目で選び出したのだそうな。
 選んだ人物は、モンテスパン侯爵、ネー元帥、犯罪者詩人ラスネール、そして死刑執行人第6代サンソン。
 歴史の中で奇妙な役割を果たした不思議な人々の一代記って、面白そうですね。
 
足利義満 消された日本国王 (光文社新書) 著者:小島 毅
足利義満 消された日本国王 (光文社新書) 東アジアの歴史の中に姿を現した日本人はあまり多くありません。足利義満はその一人。
 日本国王を名乗り、中華帝国にその名を認められた日本人となった一人でもあります。
 井沢元彦さんが彼の本でこの説を上げていますが、むろんこの話はその前から唱えられていたもの。

 日本国内ではそういう方向に評価したがりません。皇室史観のシッポが生きているのかな。また、こういう説について、世界にアピールしたがりませんしね。近隣諸国への配慮とやらでしょうか。
 
ヴラト降臨 (宇宙英雄ローダン・シリーズ 376) 著者:H・G・フランシス
ヴラト降臨 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-376 宇宙英雄ローダン・シリーズ 376) いよいよローダンの銀河系帰還です。
 はるか彼方に飛ばされたままのテラ─地球─はまだそのまま。

 この表紙に出てくる電波塔を頭に載せた変なヤツが、前巻で出てきたガルト・クォールファートらしい。この先重要人物になるのかどうか、わかりませんな。
 

 手元の蔵書ファイルによると、

☆5月9日生まれの作家
ギャビン・ライアル Lyall, Gavin
  1932/5/9~1999/1/18  享年66歳
  イギリスの冒険小説作家

ウィリアム・テン Tenn, William
  1920/5/9~2005/8/9  享年85歳
  アメリカ初期のSF作家 短編が得意

☆5月9日に死んだ作家はいなかったので
 5月8日に死んだ作家で

ロバート・A・ハインライン  Heinlein, Robert A.
  1907/7/7~1988/5/8 享年80歳

  SF界のビッグスリーの一人

シオドー・スタージョン  Sturgeon, Theodore
  1918/2/26~1985/5/8 享年67歳

  中期アメリカSF界を支えたSF作家の一人

 だってさ。

|
|

« 素敵なドキュメンタリー映像 | トップページ | ジェネレーション・キル ちょっとひと言 »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/34486818

この記事へのトラックバック一覧です: 先週買った本(10/5/2~5/8):

« 素敵なドキュメンタリー映像 | トップページ | ジェネレーション・キル ちょっとひと言 »