« 先週買った本(10/7/18~7/24) | トップページ | 赤葡萄酒が未来を開く? »

2010年7月26日 (月)

ツンデレ惑星?

 気力がないので、小人閑居してます。
 ま、いろいろ原因はありまして。まったく困ったもんだ。
 ブログに書きたいネタがあるけど、頭が回らない。
 そんな中で、面白いものを見つけました。ツンデレと言っていいのかどうかよく分からないんですけどね。

 土星の衛星タイタンって、月より大きかったはずだよね、というかすかな記憶があり、Wikiで調べてみたのが事のはじめです。
 Wikiってのは、政治がらみとかマスコミ・有名人がらみでは、単なる好悪感情や、何も考えない思いつきや、偏見などで、とんでもない事が書かれていたりするので要注意なのですが、科学的なことに関してはかなり信頼できます。そう、96%ぐらいなら。

 という訳で調べていて、月は地球の唯一の衛星なのか、と書かれたところがありました。
 ここで始めて知りました。クルースン(Cruithne)という天体のこと。
 知らなかったよ、雑学だけが生き甲斐の鐵太郎が。情けない。(。>0<。)

 この天体は直径は5km以下だそうですが、軌道が地球の軌道に絡んでいるのだけれど、衛星ではないのだそうな。
 じゃあ小惑星なのか、というとそうも言えないらしい。
 
 


地球から見たクルースンは豆のような形の軌道を描く。さらに長期的には、この豆自体が地球の軌道に沿って往復運動する。

クルースンと地球がそれぞれの軌道を周っている。

 地球から見ると、右図のような軌道を描いているそうです。夜空を見上げても見えません。たった5kmじゃあ、どんなに太陽光を反射して光り輝いていても、暗くて無理です。
 奇妙な軌道形ですよね。
 
 


 これが、太陽系全体を見て、地球が動いている模式図にしてみると右下のような軌道になるのだそうな。地球の質量の影響でどうとでも変動しそうな軌道なのですが、クルースンの公転周期は地球の公転周期、つまり365日プラスアルファとほぼ一致してうまく「共鳴」しているのだそうな。
 変ですが、これでそれなりに安定しているらしい。

 Wikiによると、不安定ではあるがこの先数百万年ぐらいは安定しているんじゃないの、とのこと。

 すると、ラグランジュ・ポイントより不安定ではあるけど、地球-太陽の重力バランスの中でツンなんだかデレなんだかわからないけれど、地球につかず離れずで安定する箇所があるんですね。


 これを題材にしたSFって鐵太郎の知る限りまだないようです。面白そうなんだけどね。
 ガンダム世界だったら、このくらいの距離は守備範囲になるでしょうから、秘密組織の基地などに使えそうじゃないかな? まぁ、力学的な説明が難しいので扱わないかもしれないけど。
 そうそう、ラグランジュ・ポイントについて、いまだにわかっていないSFアニメの脚本家がいるのだそうな。ま、そんなもんだろう。┐( ̄ヘ ̄)┌
 

 この単語 “クルースン(Cruithne)” の読みについての微妙な疑問も、Wikiの中に書かれています。
 いろいろ面倒なのねぇ。(ρ_;)

|
|

« 先週買った本(10/7/18~7/24) | トップページ | 赤葡萄酒が未来を開く? »

科学・技術」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/35903537

この記事へのトラックバック一覧です: ツンデレ惑星?:

« 先週買った本(10/7/18~7/24) | トップページ | 赤葡萄酒が未来を開く? »