« 「列藩騒動録」 | トップページ | NHK土曜ドラマ「チャンス」第一回 »

2010年8月24日 (火)

互換インクが使えない?

 夕べも暑かったなぁ...(ρ_;)

 うちのプリンターは複合タイプです。
 キヤノン複合プリンタ MP770。コピーとスキャンができるタイプ。
 値段が安いけど、なんでもできて用途は足ります。買ってからもう5年。色は3色・プラス・ブラック二種、合わせて5色使用。
 
 3色いっぺんにアラームが出たので、普通はキヤノン純正品を使っていたのですが、100823初めて見たPlaisirというメーカーのものを買ってみました。1000円近く安いんですもの。
 インク量確認用チップ付きの優れものだし、インクタンクは純正品の使い回しではないアクリル製。作りは、仕切りの位置も違うし気合いが入っています。発色もよさそう。
 
 ところがね、だめだった。色が出ない。
 交換したのはシアンとマゼンタとブラックなのですが、シアンが出ない、マゼンタはまあまあ、ブラックも出ない。
 しばらくじたばたしたのですが、直りそうにありません。
 あきらめて昨日、純正品を買いに行きました。交換したら一発でクリヤな色が出ました。さすがだね。
 今朝も、問題なく使えています。
 
 まずは相性が悪いんでしょうね。
 これについてメーカーに文句を言うにしても、そもそも純正品じゃないんだから言えないよね。
 互換メーカーの努力も、多少知っているから、安易に貶すのはどうかと思うし。
 前にエコリカという互換メーカーのものも使ったことがありますが、これはマゼンタが特に発色が悪いしかすれるので、やめました。
 インクを補充するタイプのものは、昔の別な機種でトラブったことがあります。
 オリビエ・ポプランほどじゃないけど、けっこう青春の試行錯誤はしているのよね。(*^m^)

 原因としては、このキヤノンMP770が古いせいということもありえます。なにしろクリーニングしても裏面に黒い線が出たり、右端にインク染みができたりするようになっていますから。
 とはいえ、やっぱり使えなくなるリスクを抱えるのは困る。
 と言う訳で、高いのは承知で純正品に逆戻りです。

| |

« 「列藩騒動録」 | トップページ | NHK土曜ドラマ「チャンス」第一回 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

最上義光... 大河ドラマ「独眼竜政宗」で陰謀家・姦雄とされた人ですな。
役を演じた原田芳雄さんが格好良かったなぁ。
いや、それはそれとして。

あの人は戦国武将としては成功した方ですね。
縁起が好いかどうかはわからないけれど。
「修羅鷹 最上 義光」(中村晃)って本を買ったはずなので、探してみようかな。

投稿: 鐵太郎 | 2010年8月26日 (木) 10時13分

ε(^0-0)つ最上義光

投稿: で~でり | 2010年8月26日 (木) 08時10分

 ケンシン とか ノブナガ とか イエヤス とかいう名前でしたけど、縁起の悪い名前だったらどうなのかなぁ。
 ミツナリ や ミツヒデ はともかく、ヨシアキ なんて名前が付いたら、失敗作になりそうな予感。w

 あ、足利義昭以外にヨシアキっていたかな?

投稿: 鐵太郎 | 2010年8月25日 (水) 18時08分

コードネーム秀秋・・・黒と見せかけて赤色が出てくる。
コードネーム信長・・・炙ると色が浮き出てくる。
コードネーム宗治・・・水に漬けると(ry
やだそんなプリンタw

投稿: で~でり | 2010年8月25日 (水) 11時00分

☆で~でり様 まいど
 互換メーカーに、間に人が入ってですけど知り合いもいるので、その苦労もわからんではないんですよ。一生懸命がんばっているらしいですね。
 おそらく、テストはさんざんやっているんでしょう。信頼が命ですから。
 でも、駄目なものは駄目です。
 使えないものは使えない。
 残念。

 ちなみに、キヤ◎ンのインクタンクの試作品用治具の仕事をしたことがありますが、戦国武将のコードネームを使っていましたね。もう20年も前だから、時効だとは思うけど、言うとヤバイかな?
 見てませんように。 o(*^▽^*)o

投稿: 鐵太郎 | 2010年8月24日 (火) 14時48分

嫁さんの実家の古いプリンタも、互換のを使うと全然インクがでなくて、純正を使うと一発で綺麗に出ました。
互換を謳うなら、オマイら実際のプリンタ使ってチェックしてんのかと言いたくなります。

投稿: で~でり | 2010年8月24日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 互換インクが使えない?:

« 「列藩騒動録」 | トップページ | NHK土曜ドラマ「チャンス」第一回 »