« 英語が、選択学科だったの? | トップページ | 今日のイカロス君(久しぶりに) »

2010年9月 7日 (火)

「ヴェルサイユの異端公妃」見つけた!

ヴェルサイユの異端公妃 別記事で、ルイ王朝に興味を持っておられる867さんの投稿で教えていただいた本を、図書館で発見。

 おお、単なる書簡集ではなく、書簡集をもとにした伝記風の作りですね。
 フィクションが入っているのかどうかはわからないけど、ぱらっと読んだ感じでは、歴史にそって書かれている上に暖かい筆致が気に入りました。

 ポリシー(手に入れた本のみをサイトに上げること!)のせいで本編には上げられないけれど、どうしようかな。
 とりあえず、読んでみましょう。

 それにしてもこの人の生涯が、フランスで苦労した孤高のドイツ女性として後世に都合よく利用され、ナチス・ドイツのプロパガンダにまで利用されたとは。歴史って面白いものですね。

|
|

« 英語が、選択学科だったの? | トップページ | 今日のイカロス君(久しぶりに) »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/36557908

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴェルサイユの異端公妃」見つけた!:

« 英語が、選択学科だったの? | トップページ | 今日のイカロス君(久しぶりに) »