« ファイトぉ! | トップページ | 先週買った本(10/10/10~10/16) »

2010年10月16日 (土)

大人の対応で解決できるもの・できないもの

 またまた珍しくまとも(かもしれない)ネタ。

 良識派であり、公平な視点で世を憂いて折られる点に関して、池田香代子さんの視点はさまざまな点で正しいと思い、その見識は評価しております。
 決して皮肉でもなんでもない。
 鐵太郎の意見とちょっと違うのは、それはしかたがない。人は違う環境で生きているし違う考えを持つもの。池田女史にとって失笑すべきレベルかもしれませんが、まァ違うところは違うところと言うことで勘弁してもらいたいもの。

 たとえば、ここ。

 デマとしての中国のレアアース「禁輸」 http://bit.ly/cu3C0n 

 日本の言っていることだって、言いがかりもある。意識的なものかどうかわからないが都合の良いような事実誤認がある。大人の姿勢で、自分たちの誤りは正そうよ。
 国を愛するなら、嘘の方便とばかりにあやまった前提を顧みることなく他国を責めるのは、正しくないよ。
 おそらくこのようなことを言われたいのだと思います。

 その意味で、今回の尖閣諸島問題に関して、日本は感情的で事実に基づかない言いがかりをしたのであり、恥ずかしいことかもしれません。
 あちらの国だって、決してヒステリックで非道で無法なだけの国ではないはずだから。
 はずだから。はずだから。

 正論です。
 しかし、正論だけで、正しいルールに則っているだけで、自分たちの正義を守れるわけではない事は、歴史も証明していること。
 「歴史は繰り返す」「歴史にイフはない」 これは紋切り型の実証されていない言葉でありながら、常に人口に膾炙していますが、そんな決めつけは無意味だと思っています。

 もし我が国が、もっと無頼漢の国だったら。
 もし我が国が、もっと狡猾で人を信じない国だったら。
 人は間違うかもしれない、人は裏切るかもしれない、その上で距離を置いて他人を信頼しよう、という考えを持つ人たちが外交を動かしていたら。
 国内はいい。ムラのなかで勢力争いをしていればいい。しかし外と中は違う。

 核武装しろなどと言いません。軍部を増強せよとも言いません。
 もっと距離を置いた人とのつきあい方ができる国であるべきだと言いたい。
 自分が大人であれば他人も大人になるなんて思えないから。

 そうだったとしたら、隣国はこの国をどう見ただろう?
 少なくとも今より恐れを持って見るんじゃないかな。
 それが良いのかどうかわからない、むろん。

 しかし常に、正しい、良識ある、思いやりにあふれた反応をすることが、正しい国家間のつきあい方であるとは思えない。
 なにしろ、むこうはこういう事をすることがあたりまえの国です。
    ↓
 中国で反日デモ、ヨーカ堂襲撃 http://bit.ly/bPpSbV

 日本も、粛々と静かにデモをするのではなくて、たまには羽目を外して怖いところを見せてもいいんじゃないか?
 過去の我が国は、そのまま暴走してしまった。その熱い血は、今も我々の血管を流れている。今は眠っているかもしれないが、消えていないはず。
 その暴走を繰り返したくない気持ちはわかる。鐵太郎もその繰り返しは怖い。

 しかし、このまま静かに正義を唱える国でいては、この世界では孤立するのではないか?
 たまにでいいから、やんちゃ小僧のような暴走を見せてもいいんじゃないか?
 そして開き直って、文句あるかと突っ張ってみたら?
 ちょっとそんな事を考えました。

|
|

« ファイトぉ! | トップページ | 先週買った本(10/10/10~10/16) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

☆柴崎閣下 しばらくです。
>攻撃対象になりそうな象徴的な存在
ふうむ。(*´σー`)

 そうだ、
1. 中国大使館に、豚の生首を投げ込む とか
2. 五星紅旗を燃やして、その前で自分の指を切って泣き叫ぶ とか
3. 中華街の正面で、ガソリンかぶって抗議の焼身自殺をする とか
4. 五星紅旗を国会の玄関にしいて、国会議員がみなその上を踏んで登庁する とか
5. 中国製の車を見つけたら、中の人を引きずり出して車をたたき壊す とか

 いや、いかん。これじゃあ隣の某国のパクリではないか。(爆笑

 やっぱりねぇ、日本は「恥の文化」なんでしょうね。我々は文明国なんだから、我々は大人なんだから、あんなみっともないことをするぐらいなら、そっぽをむいてなかったことにしてしまいたいとさえ思う。
 やんちゃなことをしてみたい、たまにはするべきだ、と思うんですが、なにをすればいいのかが難しいところ。

 ふっ、所詮オイラはチキンな国なのさっ と自虐するのも嫌だしなぁ。

 ともかくね、あちらの馬鹿どもも困るが、我が国の口ばかり勇ましい馬鹿どもも困る。なんとか害にならないレベルでガス抜きをしないと。
 日比谷事件の再来はまっぴらですけどね。
 どーしましょうね。( ̄Д ̄;;

投稿: 鐵太郎 | 2010年10月17日 (日) 10:44

ほほう、やんちゃですか。それはおもしろそう。

とはいえ、日本では攻撃対象になりそうな象徴的な存在って無いんですよね。警戒が厳しい大使館とか領事館を除くと、あとは横浜の中華街でしょうか。

中華街、襲えますか?

襲えませんよね。

たくさんいるであろう日本人・外国人の観光客を巻き込んで暴動を起こすなんて、できないです。それが文明というもので、その差を見せつけるだけでも良いんじゃないでしょうか。

中国の野蛮さは尖閣諸島で世界中に鳴り響いて、さらにノーベル平和賞をめぐって拡大されました。その姿はかのウィルヘルム2世なら「さもありなん」と喜ぶほどの野蛮さで、文字通りの黄禍(さすがのATOKでもこれは出なかったか)。

ちょうど100年ほど前のことですね、ヨーロッパで黄禍論が沸騰したのは。ウィルヘルム2世はニコライ2世に「君はアジアを見張る番兵になれ」とそそのかして、日露戦争につながる下地を作りました。

もう、そういう「アジアの野蛮」「アジア的専制」という偏見は欧米にあるんです。この先、欧米人はそういう目で中国を見るでしょうし、その結果は嫌悪と排除。日本人としては巻き添えを食わないよう努力するのがせいぜいというところではないでしょうか。うっかり「やんちゃ」などすると、同一視されてしまいますよ?

投稿: 柴崎 薫 | 2010年10月17日 (日) 01:39

☆ヤンチャ先生
 得意でしょ? (*^-^)

 ぢつは、内海課長がバドを育てる時にヤンチャに育ててくれと依頼した記憶があるのだけど、中国語でなんと言ったか思い出せなかったの。あの単語がぴったりだと思ったけど。(@機動警察パトレイバー)

投稿: 鐵太郎 | 2010年10月17日 (日) 00:43

ほぉ、ヤンチャとな…

投稿: 病茶 | 2010年10月16日 (土) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/37263099

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の対応で解決できるもの・できないもの:

« ファイトぉ! | トップページ | 先週買った本(10/10/10~10/16) »