« 今日はスティーヴンソンの生まれた日。 | トップページ | 先週買った本(10/11/7~11/13) »

2010年11月13日 (土)

漁船衝突ビデオ流出事件・一考

 ネット上でもあれこれ騒がしい海保の画像流出事件に関して、ツイッター上では意見を述べましたが、こちらにも書こうと思ったのです。そこで書き始めました。
 しかし書いているうちにぐだぐだになってしまったので頭を休めるためにストップ。全部消しました。

 面倒なネタだねぇ、ホント。
 面倒だけどもっかいだけ書き直し。もっとシンプルに。

 基本的には、正しいと思うのなら法的におかしくてもやるべき時がある、という考え方には琴線をくすぐられます。反対はしにくい。とくに、法体系の背後にある考え方に不安があれば。正義が行われていないことが明らかなら。

 ただし、やっていることが法律違反であることが事実なら、犯罪者たることは覚悟すべき。
 愛国者が愛国精神で行ったことは無実であるし、無実となるように嘆願すべきだなどという人間は、法治国家に住む資格なし。

 ところで、これは正義なのか。
 国の施政には、どうもおかしいところがあり、正すべきではあろうけど、それを政府関係者が勝手に正していいのか。公務員には、国家の財産を守る事と上司の命令を守ることに関して、民間よりはるかに高いレベルが要求されるはず。

 たとえば市井の一市民が、捕まればむろん有罪だろうけど正義を正すために恐喝屋の家に忍び込んで証拠の書類を焼き捨てたなら、それは犯罪です。
 これは、CAMという人物に関するあるフィクションの事件が頭にあります。侵入者は、自分たちが犯罪を犯したことは自覚していた。そして追求されたら、いつでも刑に服すつもりだったと思う。
 しかし公務員は順法精神と上司の命令に服すことにかけて、民間人よりはるかに高いレベルが要求されているはず。民間人と同じ考えで動くことは許されないはず。

 この事件の場合、実行犯を名乗る海保の航海士は自首したという。彼が本当実行犯なら、刑に服す覚悟があるはず。正義の行動だから無罪だと思っていたのなら公務員になるべきではなかった。
 この流出事件は、まずは犯罪として処理されるべき。
 頭抱えて国民感情を忖度するより、さっさと法的に処理すべき。
 有罪判決の上での情状酌量なら、それはそれでいい。

 中国船の扱いは、別問題です。これに付いてもいろいろ言いたいこともあるけど、とりあえず割愛。
 この事件とあちらを絡めるのはよろしくない。

 

 ちなみに、鐵太郎は、
 政府の対応には必ずしも満足はできませんが、国民が一度は主権に据えた政党を「売国民主党」「ミンス」と一辺倒に罵倒する論者には与しません。この政府叩き論の流れに棹さす気はありません。

 もひとつちなみに。
 「流れに棹さす」という言葉は、「流れに逆らう」という意味だと言う解釈が最近あるらしい。逆ですよね。
 鐵太郎は、「時流に乗る」という意味で使っています。広義では、「流行に乗る」とか「尻馬に乗る」という解釈もあるそうですが、そういう意味もこめて使っているかもしれません。

|
|

« 今日はスティーヴンソンの生まれた日。 | トップページ | 先週買った本(10/11/7~11/13) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/37648397

この記事へのトラックバック一覧です: 漁船衝突ビデオ流出事件・一考:

« 今日はスティーヴンソンの生まれた日。 | トップページ | 先週買った本(10/11/7~11/13) »