« Eagleという映画・・・これなんだろう? | トップページ | 先週買った本(11/1/30~2/5) »

2011年2月 4日 (金)

映画「アレクサンドリア」 3/5より公開開始ですと

 またまた2chで拾ったネタで恐縮ですが。

 映画 「アレクサンドリア」 3/5より公開開始だそうです。
 どんな映画かというと、こんな映画らしい。

   ↓

 4世紀末のエジプトのアレクサンドリア。そこには人類の叡智を集めた“図書館”があり、図書館長の娘で天文学者でもあるヒュパティア(実在の人物)による、天体についての授業が行われていた。宗教を問わずに生徒を集めていた彼女だが、急速に数を増したキリスト教徒が古代の神を侮辱した事から、市民の間に争いが起きる。やがて図書館はキリスト教徒に破壊される。数年後、増大するキリスト教徒は、その支配の邪魔になるヒュパティアに狙いをつける。

Alexandria
 『海を飛ぶ夢』『アザーズ』のアレハンドロ・アメナバール監督による本作は、古代ローマを舞台にした史劇。ローマ帝国末期のアレクサンドリア。ここには世界の七不思議のひとつと言われ、ギリシャ時代から続く“図書館”があった。本作はその図書館が破壊された史実を基に描かれ、主人公であるヒュパティアも実在した人物だ。再現された古代の街並のリアルさも見事ながら、ここで描かれるテーマは、私たちに訴えかけるものがある。映画ではキリスト教徒だが、現代ではイスラム原理主義者によるテロリズムが世界の脅威となっている。宗教の不寛容さが、人類を学問から遠ざけ、他者への憎しみを生む。過去に起きた出来事を描いてはいるが、監督の狙いは明らかだ。

 主演を務めるのは、『ナイロビの蜂』­のレイチェル・ワイズ。
 ヒロインの凛(りん)とした生きざまと、異文化間の壮絶な争い­は必見に値する。
 配給:ギャガ
 オフィシャルサイト
 
http://alexandria.gaga.ne.jp/ 

 

 これまた、全然知りませんでした。
 これについてですが、
ネットの映画情報だけではよく分かりませんでしたが、調べてみるとどうやらこの映画は「Agora(2009)」らしい。スペインの映画のようです。言語は英語だそうですが。アメリカ資本が入っているのかどうかは、わかりませんね。

 たしかに、この時代を描いた映画は知りません。初めてかどうかはわからないけど、ローマ帝国末期という時代背景は珍しい。面白いところに目を付けましたね。
 しかも舞台は、古代世界最大の図書館があったエジプトのアレクサンドリアだそうな。歴史マニアには必見か?

 面白そうだけど、この地方都市にこの映画は来るのかなぁ? (ρ_;)

| |

« Eagleという映画・・・これなんだろう? | トップページ | 先週買った本(11/1/30~2/5) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アレクサンドリア」 3/5より公開開始ですと:

« Eagleという映画・・・これなんだろう? | トップページ | 先週買った本(11/1/30~2/5) »