« 昨夜の「生さだ」 | トップページ | 緊急報告! (,⌒-⌒)v »

2011年4月10日 (日)

先週買った本(2011/4/3~4/9)

 とりあえず2冊。
 実は、ネット畏友よりあるシリーズの新刊本が出ているとの情報があったのですが、なじみの本屋では流通の具合か入荷していませんでした。なんでだろ? ハヤカワは入っていたのに。
 不思議。

 そういえば、被災した原子炉のある県民にまことに不快な表紙で名を上げたあの雑誌、一度も見かけません。もうこっちに届いたのかな?
 福島県に住む被災住民は、あの雑誌によると放射能でのたうち回るかパニックで走り回っているはずらしいのですが、詳細がわからないのでコメントしようがない。 →これね

 いえいえ、どうせFukushimaの名は、ひばく県民として、不良原子炉の代名詞として世界中に名が轟いたようなので、その引き金になったかもしれない一冊の雑誌ぐらい、いまさらどうって事はないのですよ。責任者出てこいなどと無粋なことを言いませんって、あぁた。

 ええ、言いませんって。いまさら。

彷徨える艦隊 6 (ハヤカワ文庫 SF キ 6-6) 著者:ジャック・キャンベル
彷徨える艦隊 6 (ハヤカワ文庫 SF キ 6-6) ようやくですよ、奥さん。(誰がだ)
 彷徨える艦隊5が出てから1年と3ヶ月、ようやく出ましたよ、タヌキが。
 なにがタヌキかって? それは読んでからのお楽しみ。

 とりあえずここで、第一部の閉幕となるようです。第二部となる“Beyond the Frontier”シリーズはすでに刊行されたのか、ともかくあとに控えています。
 原書の出版を追っかけるように翻訳が進むって、なんだかわくわくしますね。
 
クリスタル保持者 (宇宙英雄ローダン・シリーズ 398) 著者:マリアンネ・シドウ&エルンスト・ヴルチェク
クリスタル保持者 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-398 宇宙英雄ローダン・シリーズ 398) さて、内容はわからんので飛ばして、この本の片方の著者は、現時点でローダン作家唯一の女性作家マリアンネ・シドウさんでっす。女性らしい細やかな筆遣い、なんてしょうもない常套句は、ことローダンもの、しかもドイツ女性と言うことで二重に偏見がこもりますが、まずあり得ないと思って間違いないでしょう。(爆)

 原書が出て35年もたってそれを追っかけて翻訳が進むって、なんだか(ry
 

 記事を一気に3つも書いたので、産まれた作家・死んだ作家はお休みしました。すいませんね、気分でやっているもんで。(笑)

|
|

« 昨夜の「生さだ」 | トップページ | 緊急報告! (,⌒-⌒)v »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/39552222

この記事へのトラックバック一覧です: 先週買った本(2011/4/3~4/9):

« 昨夜の「生さだ」 | トップページ | 緊急報告! (,⌒-⌒)v »