« C級被災者の愚痴、かなぁ。 | トップページ | そうだ、いわきに行こう! »

2011年4月29日 (金)

風は回廊に?

 福島県は、三つの地方に別れます。
 太平洋側に面した南北に延びる「浜通り(はまどおり)」。
 その西の南北に走る阿武隈山地の低い山峰を越えて、県内の中央に南北に延びる「中通り(なかどおり)」。
 奥羽山系の南端と、猪苗代湖の西に位置する、「会津地方」。

 見つけた地図は、4月の初めの状況のようです。
 ある種のデータを元に作ったものでしょう。正しいところもあると思います。
 あまりにも見やすくヴィヴィッドな情報なので、これを見て恐怖に駆られる人もいるかも。
 阿武隈山系の町より、中通りの放射能の数値が高い説明になるから、なおさら。

 だがしかし、待て、諸君。
 情報とは、バグダッシュ中佐のセリフじゃないが、バイアスがかかっているもの。同中佐が、と同時に田中芳樹氏がその時セリフで言ったように、「常に」という限定詞を付けたらそれは陰謀論に堕してしまうので、「常に」とは言わない。無意識のうちかもしれないし、間違ってと言うこともある。
 ともかく情報はバイアスがかかるもの。これは正しい。

 この地図から受ける情報は、頭から丸呑みにしてはいけない。
 参考としましょう。
 

 この地図によると、放射能の流れは、浜通りの中央部から浜通り一帯を襲うかと思ったら、ちょっと違った。
 南の、「フラガール」で有名ないわき地方は、どうやら最悪を免れたらしい。
 
県北地方を回って、中通りに回り込んだらしい。
 風向きが作用したのか、不思議なルートを回りましたねぇ。

 これぞ山峡の回廊に回り込んだ風のせいか。(地図をクリックすると、オリジナルの地図が開きます)

福島原発の影響 April. 5-7 2011

 いよいよ、風は回廊にむかって吹いて、疾風怒濤の時代が来るようです。
 アッテンボローさんが泣いて喜びそうな。(ヲイ)
 

 これを見て、面白がるかパニックになるか、人さまざまでしょうなァ。
 人それぞれの性格もあるし、置かれた状況もあります。一概に批判する気はない、責める気もない。

 鐵太郎は、この状況を面白がっています。
 アマノジャクだし。 (,⌒-⌒)v

| |

« C級被災者の愚痴、かなぁ。 | トップページ | そうだ、いわきに行こう! »

★東日本震災ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風は回廊に?:

« C級被災者の愚痴、かなぁ。 | トップページ | そうだ、いわきに行こう! »