« 裏と表、あるいはプロフェッショナルの意地 | トップページ | 献血センターで読む本 »

2011年5月28日 (土)

本屋で落胆...

 「天と地の守り人」 第1~3部 (新潮文庫) 作・上橋菜穂子  があるかと思って本屋に行ったのに、まだ入っていなかったのです。ちょっと寂しい。
 予定だと今日(5/28)なんですけどね。
 やはり流通関係が完全に復活していないのかなぁ。
 最近岩波書店の流通が遅いのはわかっていたけど、新潮よ、お前もか。
 ハヤカワは頑張っている例外なのかな?

 それ以外の出版社は、特に注意を払っていないのでまだ気にならないだけかも。

 コミック雑誌などを定期的に購読している人は、感づいているんでしょうね。
 いまだにあちこち流通に問題があるらしい。

 そうそう、某岩崎弥太郎電気の電気部品の入荷が機種によるけど遅れています。
 シーケンサって部品がありますが、これが「入荷不能」か「60日納期」だったりする。
 他社の製品に乗り換えられるか、本気で考えなくてはいけないかも。

 あ、シーケンサってのは、素人さん向けに簡単に説明しますと、再プログラム可能な電気信号の入出力装置ですね。コンピュータのごく簡単なものと思えば、そう間違いじゃないかな。
 こんなのね。
Sequencer

 
 しまった、今週の本サイトの記事、まだ一冊分しか書いていない。
 まずい。

 ワッシャのネタをまた引っ張ろうなんて考えたけど、そんな事しているヒマはないな。
 (; ´Д`)

 とりあえず、震災からようやく復旧して再開したLupiciaの写真をば。
 ツイッターに上げた写真をちょっと補正したけど、やっぱり色がよくないね。
Lupicia
 紅茶はラムレーズンのフレーバーティー。
 でも、冷めたスコーンはイマイチだったなぁ。

|
|

« 裏と表、あるいはプロフェッショナルの意地 | トップページ | 献血センターで読む本 »

△愛書家」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

★とーこ様
 うーむ、日本有数の売り場面積を誇る大型書店ですからねぇ。
 広いから品揃えが完璧とは必ずしも言えないのですが、上橋さんの本であれば前も平台に10冊以上積み上げていたのですよ。それが一冊もないしPOPもなかったので、多分入っていなかったんじゃないかなぁ。残念。
 今週中にいけることがあればまた行ってみます。

 それにしても、小林可夢偉くん、77周目惜しかった!
 でもよくやった! (,⌒-⌒) /^^^

投稿: 鐵太郎 | 2011年5月30日 (月) 19:53

閣下>
それは流通ではなくて売切かも。
ラノベとか若い人の好んで買う本は、私もよくこの目に遭うんですよ。発売日の夜に残業帰り、閉店間近の地元本屋に行くと平積みがカラ…という事態が、学校帰りの学生さんたちに負けるんです。
その点、早川は大人を中心に買われるので、夜でもまだ残っていることが多い。
上橋さんは新潮だけど、NHKでアニメ化されたりもしているから、けっこう若い人が買うんだと思いますけど、どうでしょう?

投稿: とーこ | 2011年5月29日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/40171698

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋で落胆...:

« 裏と表、あるいはプロフェッショナルの意地 | トップページ | 献血センターで読む本 »