« NMRF会によるツッコミ | トップページ | 先週までに買った本(2011/7/17~7/30) »

2011年7月30日 (土)

長~い冬?

 まず、個人的ニュースをひとつ。
 わが家の複合プリンター Canon MP770 
(宣伝の意図はありませんw)は結局ダメそう。
 新品を買おうか、でもストックのインク
(しかもメーカー純正品。サードパーティのものはいろいろ問題があるんだもの)が無駄になるよな、うじうじ考えていた時、ふとオークションサイトを見てみたら、同じ機種があるじゃない。

 この機種って人気があったんでしょうか、かなりたくさん中古で出ているんですよ。ほう。
 その中で、まともそうなのに価格の安いのがありました。なぜ安いのかというと、

  印刷速度がかなり遅い印象を受けました。
  電源ON後に「廃インク吸収体が満杯に近付きました」と言うメッセージが出ます。

 というせいらしい。
 送料を入れても価格がどーんと安いので、ダメモトで一発落札しました。
 送られてみたものを確認。たしかに印字速度がちょっと遅いけどまぁ動作に特に異常はなさそう。
 
「廃インク吸収体が満杯・・・」のエラー表示が出ますが、こいつは裏技でなんとかなる。
 インクジェットのプリンターというものは、内部にカウンターが付いていて、ある程度使うとメーカーに送って整備とカウンターリセットしないと印字できなくなるんですよ。これをメーカーの安全措置と考えるか意地悪ぅと考えるかは受け止め方次第。(笑) 一応事前に警告メッセージは出るんですけどね。
 このカウンターがフルになる頃に、整備に出すだけで二万もかかると知ったら、新しいのを買いたくなるでしょ? 巧い商売ですなぁ。

 大きな声では言えませんが、知っている限りでは、キャノンのプリンターなら裏技でリセットできるのですが、今のエプソンのものはメーカーでないと絶対にリセットできないんだそうな。きゃはは。

 まぁいいや、ともかくあまりお金を掛けずにプリンタ及びスキャナ設備は復活です。めでたい。
 あ、リセットしても廃インクのタンクを掃除しないと、インクがあふれて酷いことになります。うちのプリンタ台は気づかなかったので青みがかった黒い染みができています。(; ´Д`)
 

 

 閑話休題  というか、本題。 (,⌒-⌒) ノシ

 26日付けの記事で、ランサムの「長い冬休み」を「長い冬」にしているぞ、という御指摘あり。
 気づきませんでした。ナンテコッタイ。(/ー\*)

 すいません、どこかで面倒になって略して、それをコピーペーストしてました。横着者。

 で、どうせだから「長い冬」の話。
 「長い冬」ってのは、御指摘頂いたとおり、ローラ・インガルス・ワイルダーの子どもの頃を描いた物語シリーズの一冊です。岩波少年文庫から上下分冊で出ています。

 これね。

20110730 手持ちの本なのですが、上下巻で大きさが違うのは、画像の縮小倍率の問題じゃありません。実際に違うんです。

 上巻は、昭和30年9月20日 第1刷  昭和35年2月15日 第5刷 160円
 下巻は、1955年10月25日 第1刷  1975年11月20日 第13脱 400円

 となっています。上巻を買った時、この文庫は箱入りのハードカバーでした。戦争が終わって復興した時、本が大事な大事な宝物だった時代だったなごりなのでしょうか。
 下巻は、表紙はちょっと厚い紙でソフトカバーの装幀になっています。
 中の本の紙の大きさは同じなのですが、想定が違うので全体の大きさが違うのです。

 伯母のところからこの本が送られた時、上下巻がそろっていたのに下巻をなくしてしまったんですね、きっと。で、1975年つまり昭和50年にこのソフトカバーを買ったらしい。遠い昔なので、さすがに覚えていません。

 内容は、西部の町に農民として移住してきたインガルス一家が、特に厳しい冬に遭遇したお話。
 アメリカは、こういう農夫たちが文字どおり原野を開拓して作った国という一面もあります。決してインディアンを虐殺して占領しただけではない。
 今から120年以上昔のアメリカの大自然の中で、14才になったローラが体験した涼しい夏と不作の秋、そして長い長い冬、生き延びるために必死で頑張った農民たち。良いお話でした。

 最後のほうで、飢えに苦しむ町の人たちを救うために食料を買いに決死の覚悟で出かけた二人の若者の話が出てきます。その一人がアルマンゾ・ワイルダー。のちにローラ・インガルスの夫となった人。

  ☆☆ ネタバレ失礼! ☆☆
 
ローラは表の戸があいてしま
るのをきいた。みんなは暗闇でじっとしていた。そして、夢うつつのように、父ちゃんの足音が表へむいた部屋の戸口から戸口までのあいだを、重々しい足取りで近づいてきて、そして台所の戸があくのをきいた。父ちゃんは重いものをドサッと床におとした。その響きで床が痛々しくゆれた。それから、父ちゃんは戸をしめて、じぶんについてはいってくるはげしい寒さをしめだした。
 「あの若い者たちは帰ってきたんだ!」 と、父ちゃんは、あらい息づかいでいった。「これは、あれたちが持ってきた小麦だよ、母ちゃん!」 

 なんかいいなぁ、こんな話。
 いや、ただそれだけ。(,⌒-⌒)v

|
|

« NMRF会によるツッコミ | トップページ | 先週までに買った本(2011/7/17~7/30) »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

☆hush猊下 どもども。
 プリンタは、今のところ動いています。
 動作が遅いのがちょっと気になっていますけど、コピーも、両面印刷も、スキャンも、動いています。細かいところで気になるところはありますが、機差によるものなのかなぁ?
 スキャンの色が暗め とか、印字が左側がボケ気味 とか。
 ま、動いているんだからそれでいいや。
 あとは年末に、年賀状を印字してくれればおkです。(横着者!)

 ローラ・インガルス・ワイルダーもの、考えてみると持っているけど何十年も読んでいないなぁ。
 読み返してみましょうか、この機会だから。(なんの機会だw)
 

 あ、ちなみにここは豪雨の影響はあまり受けていません。強めの雨が降っただけ。
 それにしても会津は、福島ってだけで風評被害を受けて農作物や観光に大打撃を受け、今回この豪雨です。たまったもんじゃないですよね。
 東電は風評被害の保証などしてくれませんしねぇ。
 ┐(´ー`)┌

投稿: 鐵太郎 | 2011年7月30日 (土) 23:34

 すいません、その本も、そのシリーズも読んでおりません。多分、時代が大きく違っているせいだろうと思っております。
 とりあえず、御無事のようで安心致しました。
 ええ、もちろん、新しいプリンター&スキャナーの御入手の件であって、豪雨のことではありません。
 はい、閣下。
 

投稿: hush | 2011年7月30日 (土) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/41014914

この記事へのトラックバック一覧です: 長~い冬?:

« NMRF会によるツッコミ | トップページ | 先週までに買った本(2011/7/17~7/30) »