« 年賀状発送 ふう。 | トップページ | 2012/1/4までのIKAROSくん »

2012年1月 9日 (月)

映画「ワイルド7」見たよ♪

 見たのは、実は正月の二日。
 長年の友人とね、正月にあって軽く飲んで(いや、相手はいっぱい飲むけどさw)それから話題の映画、というのがいつものパターン。で、今年はこれを見ました。

 原作のマンガにどっぷり浸った世代だったし、それなりに思い入れ(と、反発)もあったので、映像化にはいささか心配があったのですが、これは楽しめました。

 なにしろ、アクションシーンがすごい。CGもめいっぱい使っているんでしょうけど、バイクの走りが半端じゃない。出だしのトレーラーから発進する場面もすごかったけれど、後半、クライマックスの直前の「無限連発銃」(爆)の乱射のあとトレーラーの壁をぶち破る場面、ウソだぁと思いつつびっくり。

 主人公の飛葉くん、名前を聞かれ、「ヒバ・ダイロク」と答えていましたね。飛葉二郎ではないのが嬉しかった... というのは、昔を知っていないとわからんネタかな。飛葉君は、やはり飛葉大陸(ひば・だいろく)じゃないとね。原作からの流れで、兄貴は正義の戦士じゃなくて、母親に溺愛された出来損ない、というのが飛葉くんのイメージです。

 草波さんがなんと中井貴一さん。最高!w
 ワイルド7の隊長である草波さんって人は、正義のためならなんでもありの信念の人。一見インテリの管理職ふうながら、拳銃の名手で、目的のためなら機会主義者にもなるし変節漢を装うのも平気。こういう、子供向けのマンガには絶対に出てこなかったキャラクターは、当時衝撃的で新鮮でしたっけ。
 これを、短い登場シーンの中で上手く映像化しています。わかってるじゃない。

 最後は続編を作りたいなぁというスケベ根性が見え見え。これもまた楽しからずや、ですな。

 難点が二つ。

 一つは、設定の無茶。いろいろあって特定できないほどあちこち無茶。
 でもまぁ、こいつぁしかたないかな。徹底的にアクションを楽しみたいのなら、このくらいはいいとしなくっちゃ。

 もうひとつはキャスティング。
 飛葉くんになった瑛太、なんか違和感あり。細すぎる。もちっとしっかりしたヤツにして欲しかった。
 あとは、特になし。

 ああ、キャスティングと言えば、おぢさんふたりで見たせいでしょうか、出てきた女の子ふたりの名前がどうしても出てきませんでした。
 「えーと、ユキの方も記者の子も、見た顔だよね」
 「うんうん、たしかに見た。知っているはず... だれだっけ」
 「思い出せない... トシか」   ○| ̄|_
 「トシだな。そうそう、AKB48の名前、ひとりでも言える?」
 「前田なんとかってのがいるね」
 「いたっけ?」
 「あとは知らん」
 「トシだな」 

 まぁ、おぢさんのレベルってこんなものさ。(爆) 
 
 

 

 同時に上映していたものとしては、例の「山本五十六」もあったのですが、このご時世に暗いネタを語りたくないよね、と意見が一致し、今回こっちを選びました。

 

 

 

 予告編として目に付いたのが、「テルマエ・ロマエ」と「はやぶさ 遥かなる帰還」。どちらも楽しめそうだけど、行けるどうか疑問。 

 

| |

« 年賀状発送 ふう。 | トップページ | 2012/1/4までのIKAROSくん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ワイルド7」見たよ♪:

» 映画「ワイルド7」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ワイルド7」観に行ってきました。 1969年~1979年にかけて週刊少年キングで連載された同名の原作マンガを、現代に舞台を替え実写映画化したアクション物。 物語は、マシンガンを持った武装集団が銀行強盗をやらかした挙句、人質のために警察が手を出せない中、人質を一方的に虐殺して逃走するところから始... [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 08時23分

« 年賀状発送 ふう。 | トップページ | 2012/1/4までのIKAROSくん »