« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の8件の記事

2012年5月26日 (土)

帰宅途中で買った本

 高速道路を平均120km/hオーバーでぶっ飛ばしたあげく、ぼけっとホームセンターと本屋で時間をつぶしてしまった... なにをやってんでしょうなぁ、オイラ。
 だいたい、高速でこんな写真撮っているヒマがあるか、ボケぇ!

201205261907000

 

 さて、本屋でなんとなく気に入って買ったのは、この本二冊。
 

生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る 高井研

 生命の起源は、40億年以上昔にさかのぼる、らしい。
 詳しくは、この本を読んでみなさい、ってことだな。ふんふん
 

自省録  マルクス・アウレーリウス

 あー。作者はあの人です、あの人。
 いま流行りの、「テルマエ・ロマエ」の時代の皇帝ハドリアヌスの後継者となったアントニウス・ピウスの養子で、そのまた次の皇帝になった人。
 なんとも品行方正で学識豊か、しかもストア派の哲学者、人格者として欠けるものなし、という人が書いた頭が痛くなる真面目な本。
 こんなモンを買うようになったんだから、もう年だな、きっと。

 

 なんか、堅い本を買ってしまった。鬼の霍乱?(違う!w)

 まぁ、洗濯だの買い物だのをしたら、明日の夕方にはまた出発でっす。
 遊んでいるヒマもない、か。
 サイトの更新、できそうにないよなぁ。まいったけど、しゃあないか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ただいま帰宅!

 今週は仕事がハードだねぇ。

 でもって、来週の仕事のため、明日夕方第二折半直の三点鐘か四点鐘には家を出ます。

 ふう。

 今週は、サイトアップはできないなぁ。
 一応、ノートに4冊分くらいは書いてあるんですよ。これを見直しながらPCに打ち込む作業が、やってる時間がなくてねぇ。(; ´Д`)

 120519

 あ、ピンぼけだぁ。  (-_-);

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

本日買った本?

 帰宅途中で買った本。

天冥の標Ⅵ 宿怨 PART1  小川一水
 いよいよ第6巻。しかも、PART1だけと来てる。目次で見ると、第一部 西暦2499年 のみみたいですな。
 それ以外何も見ていないので、楽しく新鮮に読めるかな。
 お話は今回、どういう方向に急展開するんでしょうか。楽しみ楽しみ。

最終要塞タイタン <ローダン424>  エーヴェルス&マール
 で、どんな話になっているのか、実はさっぱりわかりません。このサイクルはまだ終わらないようだし、どんな展開なのかな。
 ま、ボチボチ読む順番をまってからね。

月面の聖戦1 下士官の使命  ジャック・キャンベル
 「彷徨える艦隊」を書いているキャンベルのデビュー作だそうな。
 あとがきをちらっと見たのですが、月面に関する超初心者向けのような解説と、アメリカが唯一の超大国で諸外国が月面開発に乗りだす現状を見て陸軍を月に派遣した、というアメリカ中華思想的なカキワリに、ちょっと胃がもたれそうな予感。
 この予感を裏切ってくれるといいんだけど、どうなんだろうね。

結婚は殺人の現場  エレイン・ヴィエッツ
 崖っぷちのヘレンの次なる冒険。
 現実的じゃないお話なんだけど、なんかこのシリーズのパワーは気に入っています。
 鐵太郎自身が崖っぷちだから、というせいかもしれんな、もしかして。(爆)

鉄腕バーディーEvolution 11  ゆうきまさみ
 これはコミック。
 いよいよ佳境に入ったこのシリーズ、この先どうなるのか。
 クリステラ・レビの正体もほぼ確認され、ゴメスとの関係も示唆されてますます面白くなります。
 しかも連邦(宇宙人たちの一大勢力)と地球との間に、ついに戦端が開かれる。アルタ帝国の残党のテクノロジーを手にした地球は、どんな戦いができるのか。
 でもって、日本政府が宇宙人と戦う陣頭指揮を執るんですぜ、できると思います、奥さん?

 ファンサービスもしっかりと考慮され、もともとすんごいバーディーの衣装がさらに露出度アップ。
 しかし、まるっきり色気が感じられないこの人って、いったいなんなんだろね。(爆)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

最近の読書傾向

 まァ、サイト記事にするため、という目的意識で読むようになっちゃったせいで、ちょっと読書傾向が変わっています。

 

1) シリーズものを、連続して読まなくなった
 これは、読み終わってからサイト記事にするまでにタイムラグができてしまうので、ただでさえ鳥頭のなかでキャパが超えないように、別な本を読むようにしているから。

 

2) 読みやすい本ばかり読み返すようになった
 うーん、これもサイト記事を書くという目的が頭に浮かぶからだな。おかげで、「銃・病原菌・鉄」とか「ローマ帝国衰亡史」とか、そういう構えて読まないと読めない本は後回しになってます。困ったもんだ。

 

3) 本に折り目をつけるようになった
 これもサイト用のフラッグを入れるため、フラッグがないとき角を三角に折るせいですな。おかげで、ただでさえ本を大事にしない「愛書家」が、古本屋に本を売れない本ばかり残すようになってしまったよ。 (゚_゚i)

 

4) 本を捨てられない
 いや、これは昔から。買った本についてルーズリーフの作家別書籍ファイルに記録するのも昔から。こんなのを始めたのは、もう何十年も前だよ、まったく。 ε=(´。` )
 

 

 

 馬鹿は死ななきゃ直らんなぁ。まったくね。ふん。(爆)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

すらんぷ、なう。

 サイト更新がなかなかうまくいかん。うーむ。

 「白昼の近接戦」を書き始めたら、どうも手が止まっちゃった。
 書きたいことは、いっぱいあるはずなんだけどねぇ。

 どうも悪いことばかり気になるけど、面白いんだよね、やっぱり。

 ま、マイペースでいこう。

 ところで、「火星の大元帥」。やっぱり面白かった。でも、続巻を読むかどうかは微妙。だってこの次は、たしか代替わりしちゃって息子の世代の話になっちゃうからね。でも、ヒーローは無限に生きるバローズ世界のこと、やがてカーターさんもまた主役に返り咲いちゃうんですけどね。(笑)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

ジーク・ザクとうふ!

120505c

我が忠勇なるニホン国臣民達よ!

120505a

今やわれらはこのザクとうふを得た。

120505b

この裏面の紋章こそ我等ジオンの正義の証しである。

120505e

決定的打撃となる従来のとうふと異なる点は、むろん濃厚な枝豆風味である。

120505c_2

敢えて言おう、キヌではないと!

120505d

それら軟弱なる柔らかさは、むろんスプーンで抜くことが出来るものであると私は断言する。

120505g


人類は我等選ばれた優良種たる遺伝子組み換えではない大豆原料のとうふによって、初めて永久に生き延びることが出来る。(かもしれない)

120505f

明日の未来の為に、我らは食わねばならぬ。
食えよ、国民!
ジーク・とうふ!
詳細はこのURLにて! → メーカーは相模屋だそうな。
 
いや実際、枝豆風味でねっとりとして、けっこう美味かったです。(,⌒-⌒)v

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ザクとうふ???

 ってのがあるとツイッターで聞いて(ニホゴおかしね?w)、前に店頭で見かけたのですが、今回買ってしまいましたよ奥さん。(奥さんって誰だ?!)

 今日はすぐ食べたい食材があったのでまだ冷蔵庫。
 今夜にでも。 むふ。

 

 

 

 売り場の上にあったのが、こんな看板、というかPOP。

Zaku01

 

 品物はこんな感じ。

Zaku02

 

 詳細はのちほど。ふっふっふ。
 次はむろんグフを期待したいけど、枝豆だからザクなんですよね。

 グフだとなにを使えばいいんだ???(爆)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

グレイ&ブルー

 天気が悪く、体調もちとおかしかったので、今日はごろごろ。
 空が灰色、頭の中もちょっとブルー。

 あ、あんな歌があったっけ。 と思いだした。

 むろん、南北戦争の歌ではない。(マイナーなボケでゴメンナサイw)

 寂しさを歌っているはずなのに、なぜか心がホンワカする歌でしたっけ。
 なんとこれ、ファーストアルバムの曲だったんだね。

空がグレーで心がブルーな日は 部屋の暖炉に火をくべて
ビートルズを聴きながら 彼のセーターを編むの

オレンジ囓りながら リルケを読むのもいいわ
だって淋しいんだもの だって切ないんだもの
 
 

 今聞いてみると、特徴的な甘ったるい声なんだけど、当時のアイドルの中では図抜けて声がきれいで歌がうまい人だったね。うむ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »