« えーと、「広島原爆」の話。 | トップページ | のーきょーショップで見つけたもの »

2013年1月 9日 (水)

ウ・ボイ U boj

 仕事中、単調な繰り返しが続いたとき、ふとこんな歌詞の歌を口ずさんでいました。

 ネ! カ! セ! ク! ヤ! セ! マ! セ! パム! モ! パス! ケ! 
 

 音程は、一定。四分音符のスタッカートで、さらに続きます。何かの呪文のような。
 なんの歌だかわかる人は、かなり特殊な体験をしている人に限られます。(爆)

 大学時代、男声合唱をやっていたときに歌ったもの。
 「ウ・ボイ」という歌です。(男性合唱曲としては、 「ウ・ボイ ウ・ボイ」ではなかった)

 この歌詞は、その中で中間部の展開のところで、低音部を受け持つバスとバリトンが歌う歌詞。テナーとセカンドテナーはその上でメロディーを歌います。
 
(男声四部合唱では、上から二番目のセカンドテナーが主としてメロディーパート。鐵太郎の属した三番目のバリトンは、一番損なコーラスパートでありました。 (T_T) )

 
 もとは、関西学院大学から始まったものなのだそうな。学生時代にはこれは、東欧の歌なのだ、としか知りませんでした。
 
楽譜も、カタカナのもの、東欧のアルファベット.が追加されたものなど、数種類ありました。

 これが、クロアチアの歴史の中で大事な歌であったことを知ったのは、ネット社会になってから。こんな意味のある曲だとは、知りませんでしたなぁ。
 うーむ、歴史は重い。

    いざ戦へ、戦へ!
    故郷のために、故郷のためにいざ戦へ!
    悪魔のような力が
    ナイフをつきつけようとも
    戦へ!
    我らは少数なれど勇敢なり!
    誰が奴を倒すのだ?
    悪魔に死を、死を!
    故郷のために死す喜びよ!
    敵に向かえ! 打ち負かせ!

 

 

 

 オリジナルのウ・ボイもユーチューブなどで聞きましたが、やっぱりこの男声合唱の方がなじみがありますね。
 関西学院グリークラブが1881年にヨーロッパに演奏旅行に言ったときのものだそうです。さすが。

 

 

 ついでに検索していて驚いたんですが、こんな人も歌ってる。しかも、日本語訳で。
 おお!(笑)

|
|

« えーと、「広島原爆」の話。 | トップページ | のーきょーショップで見つけたもの »

雑談」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/48672202

この記事へのトラックバック一覧です: ウ・ボイ U boj:

« えーと、「広島原爆」の話。 | トップページ | のーきょーショップで見つけたもの »