« 「混沌(カオス)ホテル」読了。 | トップページ | 「信長政権 本能寺の変にその正体を見る」読了 »

2014年7月26日 (土)

「時が新しかったころ」読了

 「たんぽぽ娘」で知る人ぞ知る隠れた「泣けるSF」のジャンルに殴り込み(笑)、その名を知られたロバート・F・ヤングの長編SFです。元は短編だったのですが、それを大きく書き伸ばしたもの。
 フトドキにも、もう泣けないよね、と思って読み始めたら、予想通り泣けませんでした。(おいおい)

 今の鐵太郎が見ると、あちこちアラがあります。突っ込みどころがあります。残念。
 でもね、やっぱりいいなぁ。
 ホンワカとした読後感でした。

140721a

 ところで、7/21に宮城県のサンファン館に行ってきました。
 ネタにしてみたいけど、なぜか気力がもたないかも。
 
 最近、情緒不安定なのかしらん??

 

|
|

« 「混沌(カオス)ホテル」読了。 | トップページ | 「信長政権 本能寺の変にその正体を見る」読了 »

△愛書家」カテゴリの記事

艦船マニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/56907556

この記事へのトラックバック一覧です: 「時が新しかったころ」読了:

« 「混沌(カオス)ホテル」読了。 | トップページ | 「信長政権 本能寺の変にその正体を見る」読了 »