« 床屋さんに行った | トップページ | 「魔龍の弾道1」読了 »

2014年9月 7日 (日)

「もしも月がなかったら」読了

 副題、「あり得たかも知れない地球への10の旅」です。

C066001 まず、もし月がなかったとしたら地球はどうなっていただろう、生物はどう進化し得ただろう、というシミュレーションから始まります。天文学、考古学、地質学、物理学の知識を駆使して考察した、もしもの世界。

 これから始まって、「もしも月が地球にもっと近かったら」 「もしも地球の質量がもっと小さかったら」 「もしも地軸が天王星のように傾いていたら」 と、次々と考察は進みます。
 最後の「もしも」が、衝撃的。

 おもしろい。未来を見据えた科学とは、こういうものを言うのですよね。

|
|

« 床屋さんに行った | トップページ | 「魔龍の弾道1」読了 »

△愛書家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3913/57301165

この記事へのトラックバック一覧です: 「もしも月がなかったら」読了:

« 床屋さんに行った | トップページ | 「魔龍の弾道1」読了 »