カテゴリー「艦船マニア」の46件の記事

2014年7月26日 (土)

「時が新しかったころ」読了

 「たんぽぽ娘」で知る人ぞ知る隠れた「泣けるSF」のジャンルに殴り込み(笑)、その名を知られたロバート・F・ヤングの長編SFです。元は短編だったのですが、それを大きく書き伸ばしたもの。
 フトドキにも、もう泣けないよね、と思って読み始めたら、予想通り泣けませんでした。(おいおい)

続きを読む "「時が新しかったころ」読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月19日 (土)

あ、忘れていた。サンファン・バウティスタのネタ。

 サンファン友の会より、お手紙が来ていたんですよ。
 そのネタを上げるのを忘れていた。

続きを読む "あ、忘れていた。サンファン・バウティスタのネタ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月23日 (土)

帆船模型展に行った

 第20回福島帆船模型展・2013年に行きました。
 例年とあまり変わりませんが、なかなか面白かった。

131123a

 こういう模型造りに参加したいと思っているのですが、会員の方と話をしまして、なんかどうも。まぁ、まだまだ無理だろうなぁ。
 それと、模型造りに関してはともかく、当時の帆船に関する話をしていてちょっと噛み合わないところがあったりして、なんだかなぁ。縮尺とか、艦載艇とかについて。ふむ。

 いろいろ撮ったのですが、とりあえず、一番気に入っている「HMSパンドラ号」(英国海軍フリゲート艦)のみネタにします。

続きを読む "帆船模型展に行った"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2013年11月10日 (日)

とりあえず、ニュース二つ。

いろいろとね、中の人も体調に不安がでています。
体型の割に、丈夫とメンテナンスフリーだけが取り柄だった中の人には珍しい。

このまま血を吐いて倒れれば絵になるか? などと夢想していますが、多分無理でしょう。(ヲイ)

さて、ニュースがちょびっとだけ。

続きを読む "とりあえず、ニュース二つ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 5日 (土)

サン・ファン館、復活! やほー!

 買い物から家に戻ったら、ポストに「宮城県慶長使節船ミュージアム」より嬉しいたより。
 おお!

 
 以下、詳細を知りたければこの下を読んでね。(無理強いはしないけどさw)

続きを読む "サン・ファン館、復活! やほー!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月19日 (日)

「海に出るつもりじゃなかった」

 いよいよ出ましたね、ランサム・サーガの、最高傑作。(当社比)

続きを読む "「海に出るつもりじゃなかった」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月18日 (土)

よぉし! サンファン館に行くぞ!

 来週、ですよ。むろん。行くのは

『第20回記念サン・ファン祭り』開催!

 のため。

続きを読む "よぉし! サンファン館に行くぞ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月29日 (土)

サンファン館よりお手紙

 サンファン館よりお手紙が来ました。
 まだレプリカの船は見られないし、「サン・ファン友の会」は復活しないけど、組織は生きていますね。

 で、お手紙はこんな文面。
 プライベートな内容ではなく、 「より多くの方々にご参集いただきたく」 という文面があるので、公開しても差し支えなしと勝手に判断させていただきました。

 何か問題がありましたら、即刻削除しますよ♪

 クリックすると大きくなります。(多分)
       ↓
1210_sanfan00


 で、はいっていたパンフレットは下記のもの。
 これは拡大しません。画像サイズが大きくなるのでね。(,⌒-⌒)v


1210_sanfan01

 .

1210_sanfan02

 .

1210_sanfan03

 鐵太郎はね、スペイン、ポルトガルなどが大航海時代という新時代を築き、世界に欧州の人々の視野を広げた歴史について、あまり好意的な評価ができないのです。これは文明の功罪というとしても、罪の方が大きく、世界の歴史を歪めてしまったと思うのです。
 おそらく善意がかなり混じっていたとは思うのですが、世界に当時の欧州のキリスト教を広め、同時に欧州文化を最上位のものとして伝播したこと、これははたして良い事だったのか。
 むずかしいね。

 これがなかったとしたらどんな歴史になったのかが分からない以上、いくらイフを言ってもしかたないんですけどね。
 困ったね。どう評して言いものかどうか。

 ま、いまこの瞬間に400年前の歴史を顧みるのは、面白いし楽しいことだと思うよ、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 1日 (金)

(;゜〇゜) デアゴスチーニで、「HMSヴィクトリーを作る」ってのが始まったそうな。

 先日、TVコマーシャルをみてびっくりです。

 まァ、所詮といったら失礼だけどデアゴスチーニですから、それなりの出来のようです。
 でも、なんとなく食指が動きませんか? (ぼくだけ?w)

Victory

 全長125センチ、最大幅45センチ、高さ85センチというのは、ともかくでかい。置き場所のない家ではまず無理。
 大砲を一門一門、帆を一枚一枚本当にすべて再現するのかはわかりませんが、この大きさはすごいね。

 買う人はどのくらいいるものやら。 (; ´Д`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年11月12日 (土)

手が痛い あるいは柿とサツマイモ

 中の人は慣れない仕事でへたっています。
 しかもトラブルだらけでめちゃくちゃ。困ったな。

 みんな仲良しの職場なんて、しょせん幻想さ。ふん。

 で、柿くんとサツマイモくん。

111112a
 これはキッチンの洗い場の上に置いたサツマイモくん。
 けっこう育つもんだねぇ。

111112b
 干し柿くんは、順調にしぼんでいます。
 実はこれは二代目なんだけどね。もっと良い柿をつかうべきだったかなぁ。

 

 

 福島帆船模型展の記事、書きたいのだけど気力が出ないの。すまんです。
 とりあえず、全景のみ上げときます。
 あとでまとめるからね。多分ね。きっとね。

111112c

 これが入り口。出迎えてくれるのは、大きなヴィクトリー号。でかいね。
 左手のテーブルは、全国の帆船仲間が持ってきてくれた応援作品だそうな。
 持ってくるのも、むろん手弁当。新幹線で持ってきてくれた人もいたのだそうな。どうやったんだろう???

111112d
 ぐるっと回って撮ったシーン。ああ、友情出品のコーナーだな。
 年齢層が妙に高めに見えるのは、気のせい... じゃないかも。

 ちょうど、市の秋祭りが行われているので、家族連れやおばちゃんなども来ます。けっこうフレンドリーな感じですね。
 隣の会話に思わず突っ込みたくなるけど、我慢我慢。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧